サウナホテルニュー大泉 新大久保店

チャット・リアルタイム
匿名さん34803
今週入る方いますか?サウナかスチーム、風呂で勃起見せ合いいじり合いしたいです
匿名さん33788
今日は誰か行きますか?
Customize

いよいよこの回が来ました!(笑)
この界隈では超有名&超定番と思われる仮眠室付きサウナ『大泉』。
新大久保店は新大久保駅からは徒歩2分、大久保駅からは徒歩4分の好立地で、新宿からも頑張れば徒歩圏内。

  • 年中無休/24時間
  • 浴場・サウナ・スチームサウナ
  • シャンプー一式・ひげ剃り・歯ブラシ (※全無料)
  • アメニティー一式・ドライヤー無料 (※全無料)
  • 仮眠室あり・リクライニングチェア・簡易ベッド
  • 食堂あり・WiFiあり(SoftBank系のみ)
  • アカスリ
  • ポイントカードあり
  • クレジット決済可 (VISA/MASTER)

ここはネット掲示板で有名になりすぎてしまったと思う。okbOKB)とか、大久保とか、大泉(※稲荷町もある)とか書かれますが、全部ここです。
どれかしらの文字を見たことある方も結構多いのでは?
一般の健全な古き良きサウナにも関わらず、派手にやっている方々が多いようで、店員に裏へ連れて行かれたとか、通報されたとか、夜中に警察が来ていたとか…そんな穏やかではない噂もチラホラ聞きます。
ノンケサウナのマナーは守ろう!!

ちなみにここからちょっとだけ普通の話。
大泉の読み方は「ダイセン」ではなく「おおいずみ」。
そして鶯谷にある『サウナセンター(旧:サウナセンター大泉)』も昔は大泉グループでした。この『サウナセンター』は都内で最初にできたと言われるサウナで、しかもサウナ好きの間では現代でも名店として名高いのです。
グループから本店(?)を失った大泉グループですが、ここ新大久保店と稲荷町店の2店舗があり、どちらも相当な下町的古さを醸し出しています。

特徴

  • 良くも悪くも古さが目立つ館内
  • 踊り場を駆使した不思議な造り
  • 小スペースと湯気が官能的なスチームサウナ
  • そこそこな暗さで、2フロアもある大規模仮眠室
  • 開けた空間なのに妙にそそられる2段仮眠ベッド

客層

基本的な利用者はおじいちゃんが多いです。昔から営業している分、ここも地元の銭湯的な役割になってるんでしょうか。

あと多いとまでは言えないですが、韓国・中国系の方もわりといます。もちろん新大久保という場所柄が大きな理由だと思いますが、特に韓国の人はここの噂を知ってやってきている…という話も聞いたことがあります。

夜の仮眠室は新宿の『こりこり』ほどではないですが、終電逃した泥酔さん日雇い労働系のおじいちゃんもチラホラ。

利用客層(金曜の深夜とかに宿泊の場合)※完全に個人のイメージ

  • 10代:皆無
  • 20代:1割
  • 30代:1割
  • 40代:3割
  • 50代:2割
  • 60代以上:3割

寝待ちさん/責め師さんは20代~50代。(当たり前か笑)
痩せてる人よりは中肉中背が集まる気がしてます。もちろん痩せた人もいますが…。
寝待ちなら20代もわりと多いかな。あとは既婚の雰囲気をまとった40代も多いような気がします。

オススメ利用時間

一番は休日にかけての宿泊時間(金曜夜~翌朝・土曜夜~翌朝)でしょう。
休日の夕方以降ってのもときどきあるかも。

基本的なスタイルは仮眠室なので、寝静まる時間朝〇ちの時間一般客が帰った時間の3ピークがあると思っています。

  • 日帰り入浴(1,800円/8時間)なら17時過ぎに入館(最大深夜1時まで)
  • 宿泊Aパターン(3,000円/15時~翌10時まで)なら22時ごろ入館 ⇒ サウナを堪能
  • 23時過ぎから仮眠室へ(終電は深夜1時過ぎ)
  • 宿泊Bパターン(3,000円/深夜1時~昼12時まで)は深夜1時以降に入館 ⇒ 早めに1度は仮眠室へ
  • 4時~6時は朝〇ちタイム
  • 9時以降の仮眠室利用者は可能性やや濃
  • 宿泊Aパターンは10時までに退館
  • 宿泊Bパターンは12時までに退館

寝静まる時間にひと山あると思っていますが、朝もそこそこ盛り上がると思います。
特に一般客がチェックアウトする朝9時以降でも仮眠室で寝ているのは、抜きそびれた人である可能性が高いです…。

雰囲気

外観は明るく雰囲気の出る感じに撮れました!
受付を済ませて階段を上がった瞬間から、ロスコとはまた違う場末感が漂います。ロスコは古いけどリニューアルやリフォームを重ねた感じ。ここはずっと当時のまま使い続け年季の入った感じ

老舗というと聞こえがいいですが、できてうん十年が経った中学校の部室とでも言うのでしょうか。水道管の破裂で改修作業をしてるようですが、トイレなんて公園の便所級です。

何も知らない一般の20代~40代ノンケが入ろうもんなら、こりゃあすげえところへ来たぞ・・・と思うはず。
チェーン店の一定以上の清潔さが普通だと思っていれば、ここにお金を払ったことさえ後悔するかもしれない・・・。
池袋のロイヤルを知ってる人なら、それに近い場末感を想像してください。

良くも悪くも同族が集まりやすいという雰囲気があります。

なお、ここもロスコ同様に、内部は東急ハンズ渋谷店的な分かりづらさ。
この施設は踊り場を駆使しているので、中二階みたいなのがたびたび出現し、自分の中の「階」の認識が崩壊します。(笑)
でも別館がない分、上がるか、降りるか。シンプルです。

ロッカー紹介(1F・2F)

ロッカーは2箇所にあり、色が違います。
どちらが割り当てられるかの法則は不明です…。

ちなみに風呂とロッカーは「1F」ということになっているけど、管理人が思うに、やっぱズレてると思うんです。
受付(1F)⇒階段⇒風呂/ロッカー(2Fだと思う/公式はここも1F)⇒階段⇒食堂(3Fと思う/公式では2F)

食堂・リクライニング紹介(2F)

食堂のフロアは、リクライニングフロアとセットになっています。

まずはリクライニングから写真チェック!

たまたまパンツ一丁で寝るノンケのもっこりが写ってました…。

続いて食堂!(リクライニング横に併設されています)

ヴォルスターリキッド
塗るタイプでイチモツのマッサージや起たない時のヌル責めに最適!
しかも返金保証付き。

程よく蒸されるスチームサウナ(お風呂紹介)

お風呂でオススメはスチームサウナ。

かなりこぢんまりしたスチームサウナですが、普通に気持ちいいです。
一般サウナが高温なので、苦手な人はこっちがオススメ。長時間ぼーっとしたい人も!

そしてこのスチームサウナ。
風呂場での一番のスポットになっています。

↓下記の情報はスチームサウナ内にチェアが3つあった時代です。
現在は2つになっているとの情報がございましたので、ご注意ください。

  • 3人分のプラスチックチェアのみのコンパクトさ(2人分のみとの最新情報)
  • チェアは3つ隙間なく並んでいて横の人のアレを観察しやすい(2つのみとの最新情報)
  • ということは逆に横の人に見せつけやすい
  • ガラス張りの壁でも、湯気で外から中が見えづらい
  • ということは中で見せつけやすい
  • そこまで暑くないので長く居られる

スチームサウナでこれは伝えておかないといけない、大変大事な注意事項があります!(笑)
それは…スチームサウナ内で機械の動作音(弁の開閉?)と思われる破裂音が数分に1回します。突然「ポンッ!」って鳴り、非常に心臓に悪いです。
「えーそこまで?」って感じですが、湯気が漂う静寂の中、何の前触れもなくそれは突然やってきます。音自体が爆発的に大きいわけではないんですが、気を抜いてて驚かされる感じです。

水風呂も個人的にはスポットだと思ってます。

これまたこぢんまりしていて、水風呂のすぐ横にも1脚のプラスチックチェア。(他に涼む場所がない)
このチェアに座って水風呂に入る人の逸物を観察してる人がときどきいます。
水風呂に浸かってる人も立ってわざと見えるようにしてみたり、逆に椅子に座っている人の股間を覗き込んだり…。

  • お湯のお風呂×1(ジェットバス付き)
  • 水風呂×1
  • 一般サウナ(中規模・テレビ付)
  • スチームサウナ(小規模)
  • シャワー7台
  • 立ちシャワー1台
  • 水飲みコーナー (正確には浴室外)

STAND UP
男性の87%が効果を実感し、10万個以上売れている商品。
長時間、硬く、強く、勃つ!

暗さと2段ベッドが魅惑的な仮眠室

仮眠室は3Fと4F2フロアあります。どちらも基本的には同じ造りです。

昔は3Fがやや明るく、4Fがやや暗かった記憶があるのですが、今はどちらも同じぐらいの明るさでした。
以前の名残りなのか、それとも4Fの方が遠いだけあって人が来ないからなのか、集まるのはほとんど4Fです。

3Fの紹介↓

4Fの紹介↓

仮眠室内はご覧の通り2段ベッドが整然と並べられています。
横とは仕切りが設けられていて、しかも『こりこり』や『ロスコ』とは違い、端まで柵のように囲まれています
高さもある程度あるので、寝た状態で横の人に手を出すというのはかなり無理な体勢です。
2段のうち上段と下段、どちらが良いかというと、上段が好まれます。ベッドは仕切りこそあれど、下段は見晴らしが良く、通路を歩く人からも丸見えです。

よくあるパターンは以下ですね…。

①上段で寝ている人がいる(足首にロッカキー/タオルをひっかけてある/顔をタオルで隠しているetc)
②寝ている人の横のベッドを陣取る
③ちょっと触ってみる
④大丈夫だったら堪能する(※一般サウナであることを忘れずに)

入館から退館までの流れ

  1. 下駄箱に靴を入れて施錠
  2. 受付で下駄箱の鍵を渡しながら、利用コースを選択 ※ポイントカードあり
  3. その場で支払い。名前(苗字)を告げる(宿泊の場合のみ?)。ロッカーキー受取。
  4. 渡されたロッカーキーを持って入場。階段を上がってロッカーへGO!
  5. 館内着に着替え、タオルを持ったらお風呂へGO! ※脱衣所使用
  6. 風呂・サウナを堪能
  7. 仮眠室へGO!(3F/4F)
  8. 退館時はロッカーキーのみで受付可。追加金がなければ下駄箱の鍵を受け取って退館

彼女持ちの元野球部ノンケ(24)に寝込み悪戯!
ズボンもパンツも脱がせて一日蒸れたチ○コがでてきました。しかもデカマラ。
チ○コを弄っていると我慢汁が…射精シーンもバッチリ!
※リダイレクトのためページが表示されるまで数秒お待ちください

新宿メンズサウナこりこり

チャット・リアルタイム
Customize

新宿歌舞伎町にある巨大サウナ&仮眠室「こりこり」。

  • 年中無休・24時間
  • ときどきクーポンあり
  • 浴場・サウナ(低温・高温)・特殊風呂(バイブラ・電気・トルネード)
  • シャンプー一式・ひげ剃り・歯ブラシ (※全無料)
  • アメニティ一式・ドライヤー (※全無料)
  • 仮眠室あり・リクライニングチェア・雑魚寝・簡易ベッド(VIP追加料金)
  • 食堂あり・漫画コーナー・WiFiあり
  • アカスリ・マッサージ
  • 日焼けマシン・酸素カプセル
  • ポイントカードあり(詳細不明)

管理人が初めてノンケ目的のために寄ったサウナです。
あれは2016年9月10日のできごと。笑

そもそもこのサウナを知ったきっかけは、ネットで知り合った友達から
「ここのサウナは酔っ払いが多く、仮眠室があって最適」なる情報をもらったため。

それまではサウナ施設なんて行ったことがないという状態でした。

それに公式HPのトップには『男の時間・男だけの空間がここにあります』との記載が。

なんという響き。
これは聞いただけで妄想・興奮しちゃいます。

男の時間って…あの時間?笑
男だけの空間なら…気兼ねなく?笑 だって男同士だもんな。

当日のことはさすがによく覚えてないので、本記事は現在の内容や写真を利用しています。

特徴

・終電を逃した若リーマン
・夜の新宿で路頭に迷った学生たち
・旧「フィンランド」時代からのゲイ客
・ずっといられそうな低温サウナ
・アカスリおばさんの攻勢とアカスリ後の勃起ノンケ
・雑魚寝タイプの仮眠室

客層

場所柄もあって深夜でもリーマンや学生が一定程度はいます。
(日雇い系のおじいちゃんも多め。最近は中国人も。)

利用客層(連休じゃない金曜の深夜とか)※完全に個人のイメージ
  10代:皆無
  20代:2割
  30代・40代:3割
  50代:なんか少ない気がする
  60代以上:5割

オススメ利用時間

日中はあまり行ったことがないけど、上に書いたような特徴だから個人的には深夜の利用が良いのかなと思います。

オススメ利用時間(12時間コース適用)
  23時までに入館(『一般コースB』ギリギリ適用)
  1時過ぎまで終電逃した人たちの群れ
  2時頃までサウナとか
  2時頃からおやすみ
  5時~7時は朝〇ちタイム ⇒ サウナ ⇒ 退館

朝は二度寝前提(二度寝しすぎないでね)で5時、6時、7時に起きて仮眠室を見てみるのが良いかも。

爆睡ノンケさんの股間は朝〇ちタイム。
これぞまさに「男の時間・男だけの空間」の1つ。笑

雰囲気

一言でいうとここのイメージはガサツ。

風呂場では、しっかり体洗えよ…ちゃんと流せよ…もっと体拭けよ…大声で独り言言うなよ…と清潔な環境で育った人にはちょっと異次元かも。

仮眠室では日雇い系おじいちゃんたちのイビキ、寝言、歯ぎしり。
挙句の果てには通路で寝る人。
いつも誰かしらが歩いてるし。
そして朝になったら誰かのスマホアラームが大音量で…。

だからこそ自分も大胆になれるというか、少々のことは気にしなくなります。笑
 ※マナーは守りましょう!

ずっといられそうな低温サウナ

こりこりには高温サウナと低温サウナの2種類があります。
(「メンズサウナ」を名乗りながら2種類っておかしくない?と思うものの。)

高温サウナの方は文字通り「高温」!
じっとしてれば良いんだけど、入退室時に床が熱すぎてゆっくり歩けないほどだし、熱さで耳が切れそうな感じに痛くなる。笑

低温サウナはというと、ゆっくりじっくり過ごすことができる文字通りの「低温」。
寝転がったり、テレビを見たり。余裕です。

そして長時間いられるという利点のためか、同族さんはこの低温サウナに集まる気がする。
現にここを教えてくれた友達は、低温サウナで「アピール」されてハマったみたいだし。

寝たふりハプニング系、座る位置が絶妙系 が結構います。

あとはサウナでありがちだけど、座る位置や角度によってはノンケさんがよく見えます。

アカスリはいろんな意味ですごい

ここのアカスリおばさんのキャッチ?声掛け?はすごいです。
全国一かもしれない。笑

風呂に浸かっていようと、サウナにいようと「アカスリイカガデスカー」と声をかけて周ります。
ただの掛け声みたいなモンなので無視すればまあ問題はないんですが、商魂たくましすぎます。

そんなアカスリでも、ノンケさんたちが深夜でも結構アカスリ利用します。
施術中に勃起してしまっても勃起を隠さないノンケさん、たまにいます。

施術中はおばさんがタオルで股間を隠すんですが、体勢を変えたりするときに見えることもあります。
ついたてでブースにはなっているものの (3台) 、わりと外から丸見えなのでゆっくり歩きながら覗いてみたり、洗い場の鏡越しに確認してみたり。

あとは施術が終わって出てきてもまだ勃起してる人。
半起ちぐらいまで落ち着いてたら隠さない人が結構いるけど、男が見たら角度と大きさで何となく…。

稀ですが、ギンギン状態で出てきて、隠さずにシャワー浴びに行ったり、風呂入ったりする人も。
勃起歩行じゃないですか。
これはスーパーガサツノンケさんですね。

魅惑の仮眠室

B1の大部分はリクライニングチェアと雑魚寝で占められています。
そこまで真っ暗ではない照明。監視カメラあり。
それでもどうやら魅惑のスポットのようです。

まずはリクライニングチェア


ところ狭しと並んでおります。そして毛布も。
横との間隔が狭いため、寝相の悪さと毛布を駆使したテクニックが必要な模様。

毛布をかけずにペラペラの館内着でイビキをかいて爆睡するノンケさんも。
良いですねー。

中でもこの写真の右半分、もしくは奥の列に集まる率が高い気がします。

続いて雑魚寝

ちょっと横との仕切りが高い。
足指のソフトタッチテクニックがわりと盛んな模様。

こちらにも毛布をかけずに爆睡するノンケさんもチラホラ。
やはり良いですねー。

なるべく奥(半分より奥)で、かつ、分岐した狭めの通路に面したブースに集まる傾向にあると思います。つまり入って左奥ですな。

オススメ利用時間の項目にも書きましたが、 朝は二度寝前提(二度寝しすぎないでね)で5時、6時、7時に起きて仮眠室を見てみるのが良いかな。
チラホラいた毛布をかけてない爆睡ノンケさんの朝〇ちが見れる可能性大。

入館から退館までの流れ

  1. 駄箱に靴を入れて施錠
  2. 受付で下駄箱の鍵を渡しながら、利用コースを選択 ※クーポンあり
  3. その場で支払い。氏名を記入(宿泊の場合のみ?)。ロッカーキー受取。
  4. 渡されたサウナセットを持って入場。地下(B2)のロッカーへGO!
  5. 裸になってタオル1枚でお風呂へGO! ※脱衣所の盗難注意
  6. 風呂・サウナを堪能
  7. ロッカーで館内着に着替えて1階上(B1)の仮眠室へGO!
  8. 退館時はロッカーキーのみで受付可。追加金がなければ下駄箱の鍵を受け取って退館。