サウナホテルニュー大泉 稲荷町店

※この記事は『サウナホテルニュー大泉 稲荷町店②』の関連記事です。

チャット・リアルタイム
匿名さん11067
ミストサウナないんだっけ?
匿名さん9152
ミストサウナよかったのになぁ
匿名さん2231
Yuji shiba
匿名さん72180
Customize

今回はこちらの界隈で超有名な「サウナホテルニュー大泉 新大久保店(通称okb)」の姉妹店である「サウナホテルニュー大泉 稲荷町店」の紹介です。
最近はやや下火になっているものの、okbはまだまだ掲示板へ呼びかけの書き込みが多く、深夜に触れた/触られた、咥えた/咥えられたと盛り上がりを見せているようですが、稲荷町店の方はokbと比較するとこっちの活動はかなり控えめな印象です。
それでも行ってみると何人かはそれ目的らしき人がいたり、稲荷町店が好きという人も一定数います

立地と店名が『稲荷町』(メトロ銀座線のみ)というとちょっとマイナーですが、上野駅からも徒歩圏です!!

上野・御徒町界隈は「プレジデント」は完全に下火になり、 「上野サウナ」もなくなり、「ダンディ」も休業という状況下、もしかしかたら稲荷町店が再ブレイクするかも!?です。(笑)

まだ下に続きます

[ダンジエンジン] の【オスガキジム-OSUGAKI GYM-】
  • 年中無休/24時間
  • 夜は予約可(カプセル利用の場合のみ) ※楽天トラベル等も利用可
  • 浴場・サウナ・スチームサウナ・ロウリュウイベント
  • シャンプー一式・ひげ剃り・歯ブラシ (※全無料)
  • アメニティ一式・ドライヤー無料 (※全無料)
  • 仮眠室あり・リクライニングチェア・雑魚寝・簡易ベッド・カプセル
  • 食堂あり・漫画コーナー・ゲームコーナー・WiFiあり(ソフトバンク系のみ)
  • アカスリ・マッサージ・マッサージチェア
  • クレジット決済可(VISA/MASTER)

新大久保店は地名から、ネットの掲示板等ではokb(OKB)と省略されていますが、ここは…そうです「INR(いなり)」ですね。
どちらかというと大文字で書く方が多い気がしますが、特に決まりはなく、「INR」「inr」「稲荷」「いなり」と記載されます。

ここも東京で最古のサウナを展開する「大泉(おおいずみ)グループ」の1つで、今はこの店舗が本店なのかもしれません。

特徴

  • 良くも悪くも古さが目立つ館内
  • 小スペースで湯気が官能的なスチームサウナ
  • 仮眠室は4F/5Fの2フロア
  • フロントには監視カメラの映像ばっちり

客層

基本的な利用者は中年以上が多いです。特にお風呂はおじいちゃんが多い印象。昔から営業している分、ここも地元の銭湯的な役割になってるんでしょうか。
仮眠室の利用者も、稲荷町は繁華街ではなく上野駅からもやや歩くため、泥酔者はほとんど見かけません

利用客層(金曜の深夜とかに宿泊の場合 )※完全に個人のイメージ

  • 10代:皆無
  • 20代:1割
  • 30代:1割
  • 40代:3割
  • 50代:3割
  • 60代以上:2割

寝待ちさん/責め師さんも40代以上が多い印象があります。
もちろん若い人もたまにいますが、「若い利用者=寝待ち目的」かというと、実は若いノンケ利用者の確率も結構あります。(最近の清潔なお店はノンケ利用が当然圧倒的なはずですが、こういうレトロな所に泊まる若い人ってこっち目的な人が多い印象ありません?)

オススメ利用時間・料金

やはりオススメは休日にかけての宿泊時間(金曜夜~翌朝・土曜夜~翌朝)ですね。
okb同様に基本的なスタイルは仮眠室なので、寝静まる時間朝〇ちの時間一般客が帰った時間の3ピークがあると思っています。

また、ここは仮眠室にカメラがしっかり設置してある分、スチームサウナ内もハッテンスポットになっています。スチームサウナは深夜1時~5時までは停止しているので、23時~25時の間がいいかも

料金は仮眠ベッドもカプセルも15時~翌10時までの滞在が可能で、
 仮眠ベッド:3,000円(税込)
 カプセル:3,500円(上段)・3,700円(下段)

日帰り入浴の場合は8時間で1,800円(税込)です。

深夜料金は25時からかかってくるので、試しに行ってみたい場合には
17時頃から入館すればGOOD
です。その場合も仮眠室利用が可能です。
休みの日でも午前~夕方までは期待薄だと思うので、ご自身が利用する路線の終電を考えながら、夕方以降の滞在がいいはず。

雰囲気

だいぶ年季が入っていますが、okbとは違ってきれいにしようと心掛けている感じがします。
なので侘び・寂びを感じるというか、安定の「場末感」でしょうか。昭和っぽいです。
楽天トラベル等では「出張応援」等のうたい文句でプランを掲載していますが、それはちょっと厳しいかなあ…。
大人のバックパックや学生の1人旅とかにはいいかも。

そんな感じなので、やはりここも同族が集まりやすそうな雰囲気はバツグンなんですが、そこまで盛り上がっていません
監視カメラの存在が大きいのかな?

【寝込み】2人の子持ちがっちり既婚パパ(34)【個人撮影】パート2(850円程度)
身長180越えで2人の娘さんがいるというがっちり体系の子持ち既婚パパさん(34)
パンツ越しのもっこりがスゴい!!
そしてまた柔らかさがたまらなく気持ちいいい(笑)
パパさんのタマを見させてもらうと…やっぱデカい!!
ウズラの卵ぐらいあるんじゃないか思いますチ○コもかなりのデカさで予想以上(^^;)
※リダイレクトのためページが表示されるまで数秒お待ちください

外観・入り口紹介

東京メトロ銀座線、稲荷町駅からはすぐです!3番出口を出て徒歩1分以内
上野駅からは10分ぐらいでしょうかね。

住宅街の中にネオンがすごいです!目立ってます!
内部の紹介でも触れますが、2つの隣接した建物を後からくっつけたんでしょうか?左右でベランダの高さがズレてません?
内部の構造も、階段が近いところに2つあったりしてやや謎構造です。

それでは…いざ、入館!

なぜか入り口にガンダムのザクが置いてありますが、それ以外にガンダム・漫画系の要素は一切ありません。

入ったらすぐにフロントが見えますが、まずは靴を脱いで下駄箱に収納しよう!
そのまま下駄箱の鍵を持ってフロントへ。
先払いです!クレジットカード決済可です!

カプセルか雑魚寝かを決める場合にフロントで「初めてです」と答えると、監視カメラのモニターをぐいっと引っ張ってきて、「仮眠室はこんな感じで2段ベッドですよ~」と教えてくれます。
監視カメラがちゃんと作動している施設のようです。

現役格闘家・山○真司選手173/66/20と生セックス♂
5,300円程度!
※リダイレクトのためページが表示されるまで数秒お待ちください

ロッカー&ゲームコーナー紹介(1F)

会計を済ませてロッカーキーを受け取ると、フロント横からすぐにロッカーへ行けます。
このロッカー、ラジオが流れていてなかなか良い感じにレトロです!!

やはりロッカー室の入り口部分が扉っぽくなっていて、建物が違う気がしますね。
中は姉妹店のokbと同じ緑のロッカーで統一されていて、いい感じの場末感が漂います。

ちなみになんですが、こんなのも↓

月極ロッカーもあるということは、ここを住みかにしている人が結構いるんでしょうか?それとも銭湯代わりに利用する近所の超常連さんかな?

館内着はokbと似ていて色違いみたいな感じです。
でも個人的にはあまりパッとしない色で好きではないので、okbの方がまだいいかな?(笑)

ロッカー室とフロントの間の隙間空間にゲームコーナーがあります。
ひっそりとカップ自販機も。ドトール系のコーヒーやココアが飲めますね。

脱衣所&お風呂紹介(2F)

大浴場は2階なので階段でも十分のぼれます。しかも大きい階段と小さい階段の2つが至近距離にあります。やはり2つの建物をくっつけたのでしょうか…?
基本的には大きい階段を使うことをお勧めします。

それでは…いざ、お風呂へ!
脱衣所はこぢんまりとしています。

この店舗に限らず、サウナの脱衣所には貴重品は絶対置かないようにしよう!
管理人なんか、パンツを盗まれたことも何度かあります。(そういう趣味の人かな?)
盗まれた後にあーだこーだ言ってもどうしようもないので、予防防衛が肝心です。できればパンツもロッカーの中にしまい、ノーパンで館内着を着用するのがベストと思われます。(その方が触られやすいし笑)

さて、お風呂はというと…種類はそんなに多くはありませんが、スチームサウナがあるのが嬉しいですね。

スチームサウナ内は3畳あるかないかの空間ですが、プラスチック椅子が5脚置いてあってかなり密度の濃い空間です。(笑)
仮眠室は監視カメラがしっかり設置してあるため、スチームサウナでのイタズラを望む人も結構います。横と椅子を密着させて足を当ててみたり、スチームで視界がぼやける中、さりげなく竿を見せつけてみたり。。。

ただしスチームサウナは深夜1時~5時の間は停止されます。そうするとただの部屋になっちゃうので、その時間には期待して行かないようにしよう!

  • お湯風呂(テレビ付)
  • 水風呂
  • シャワー×8台
  • アカスリ個室×1室
  • ドライサウナ
  • スチームサウナ ※ 1時から5時まで事故防止のため停止

ちなみにお湯の風呂と水風呂は隣り合わせなんですが、若干水風呂の方が広いような気がします。(笑)
水風呂の方が広い施設ってあんま聞いたことないですよね。

まだ下に続きます

銭湯脱衣場見せつけ兄貴(650円程度)エロいもっこりボクブリ姿、脱いで出てきたチンコは一級品w
※リダイレクトのためページが表示されるまで数秒お待ちください

洗面化粧室・食堂&レストルーム・仮眠室紹介(2F・3F・4F&5F)

例によって別記事で掲載しました。
サウナホテルニュー大泉 稲荷町店②

「性生活に役立つかもしれないグッズ」
も紹介中!(本サイト内)

サウナ・仮眠室ライフを刺激する
アンケート」も実施中(本サイト内)

家の窓から見えたその先にはなんと!(650円程度)
家の目の前はビジネスホテルが建っています。
たまに体育会のノンケがすっぽんぽんでベランダに出たりしています笑
朝勃ちを頑張って直そうとしているノンケも微笑ましいです笑
※リダイレクトのためページが表示されるまで数秒お待ちください

入館から退館までの流れ

  1. 箱に靴を入れて施錠
  2. 受付で下駄箱の鍵を渡してその場で料金支払い。ロッカーキー受取
  3. 館内着にお着替え
  4. お風呂へGO!スチームサウナも堪能!
  5. 仮眠室堪能!
  6. 退館時はロッカーキーのみで受付可。追加金がなければ下駄箱の鍵を受け取って退館 。

ガテン系のがっちり肉体のイケメン君のリアルオナニー!(3,800円程度)
シコシコして!ドピュッと大量精子を出しちゃってます!
※リダイレクトのためページが表示されるまで数秒お待ちください

BumB(ぶんぶ)東京スポーツ文化館(新木場サウナ編)

※この記事は『BumB(ぶんぶ)東京スポーツ文化館(夢の島公園編)』の関連記事です。

チャット・リアルタイム
Customize

今回はいつもと路線が違います。

このサウナ、スポーツ施設(体育館・ジム・プール)の中にあるお風呂なのです。お風呂メインではなく、「お風呂のみの利用もできます」という立て付け
金額的にも、設備的にも、感覚としては銭湯だと思ってください。
「ノンケのサウナ・仮眠室ブログ」なので「ノンケのサウナ」ということで、記事にしてみました!

なお、この施設には宿泊こそできるものの、仮眠室とかいう軽いレベルのものはありません。
宿泊は遠方からスポーツ遠征等に来た方向け(ディズニー観光や出張者も利用している模様)なので、ふらっと行く場合は日帰り入浴です。

そして!この施設はいろんな意味で有名な『夢の島公園』の中に位置しています。
その関係で、この記事のシリーズとして、新木場夢の島公園(SKB)の夜のスポットも別記事で追々ご紹介する予定です!

  • 年中無休/13時~22時 ※頻繁に休止期間があるので要確認
  • 宿泊は予約可 ※スポーツ施設の遠征向けです
  • 浴場・サウナ(高温・低温)
  • シャンプー一式・ドライヤー無料  ※タオル・化粧水は持参
  • リクライニングチェア
  • シングル・ツイン・団体部屋  ※スポーツ施設の遠征向けです
  • 食堂あり・ WiFiあり ※脱衣所はdocomoの電波がほぼ届きません

2000年初期~2009年頃まででしょうか…「新木場サウナ」とか「BumBスポーツサウナ」等の呼称で、わりと盛り上がりを見せていたようです。
が、しかし、今やもう下火に下火。それでも昔の名残なのか、20時~22時台はたまに見せ好きさんが1人ぐらい来るようです。

このお風呂だけを目的に行くというのではなく、何か別の用事との組み合わせで利用しよう!

まだ下に続きます

特徴

  • 券売機で都度買える入浴券(670円)
  • ジムやプールとの併用利用がオススメ
  • 銭湯のように利用する中年・高年と、筋トレ後のジム利用者
  • 浴場はこぢんまり、仮眠室もなく、絡む場所はサウナ内一択の集約型
  • 近くに一大スポット(クラブの『ageHa』・夜の『夢の島公園』)あり

客層

まず、お風呂の利用者が多くありませんお風呂の独占状態になることもしばしばあるし、混んでもせいぜい5・6人です。
都心にあるコナミとかルネサンスなんかのジムのお風呂はシャワーに行列ができることもあるのに(それはそれで異常だと思う)、ここではそんな現象はあり得ません。(笑)

そんな少ない利用者の中での割合ですが、スポーツ施設の利用者が5割お風呂のための月パス持ってそうな中高年が4割残り1割が風呂のみ単発利用者という感じです。

つまりは、1回行っても風呂場内で出会う人自体が10人前後でしょう。
その中にもしも同族がいればいいなーーぐらいの心持ちで行く必要があります。

あと、こんなところに用もないのに風呂だけ入りにくる物好きはあんまりいません。(そんなことはないか)
つまり、単発利用者(ロッカーキーの種類が違う/「脱衣所紹介」参照)はそういう目的の人が多いと言ってもいいかもしれません。。。

ジム通いしてる人の筋トレ後の裸を見れるというのもこの施設ならではのポイントなのかもですね。

利用客層(休日に宿泊の場合)※完全に個人のイメージ

  • 10代:皆無
  • 20代:0.5割
  • 30代:1割
  • 40代:1割
  • 50代:2.5割
  • 60代以上:5割
[仲村巧] の【脱↓】

オススメ利用時間・料金

オススメの時間は20時頃~22時の閉店の時間でしょうか…。
いつ行っても人は多くないので、オススメというのもこれと言ってありませんが(笑)、そういう目的の人は閉店前に行くのが一般的です。

後述しますが、金額的にも安いスポーツ施設(ジムとかプール)の利用がオススメなので、ジムでひと汗かいて、プールで泳いで…その後サウナという組み合わせ利用をするのが良いですよ!
あとは夏(5月GW~9月末ごろ)であれば、ハッテン公園になっている、夜(21時~終電~明け方)の夢の島公園との組み合わせでしょうね…。

続いて料金!

入浴のみの料金に関していえば言えば、670円(税込)
銭湯よりは若干高いですが、追加料金なくサウナ(高温・低温)に入れるのでトータルとしては安い部類だと思います。

なお、ちょっとこのブログの趣旨とズレちゃいますが、ここのスポーツ施設利用がめちゃめちゃ安かったのです!
管理はコナミスポーツクラブの制服を着た人が行っているので安心でしたよー。
スポーツ施設も同時利用すればサウナは100円割引の570円券が選択できるようです。

  • フィットネスジム:520円/2時間
  • 屋内プール:310円
  • アーチェリー:520円/道具込み ※曜日限定
  • サウナ割引他施設利用券:上記と合わせて購入で570円
  • 1日パス:1,240円(ジム・プール・スタジオレッスン・風呂全て可)
  • 1か月パス:6,180円 (ジム・プール・スタジオレッスン・風呂全て可)

つまりオススメ料金としては、スポーツ施設+570円券、もしくは健康的な生活を目指して1日パス(1,240円)辺りでしょうか?

まだ下に続きます

【New】超イケメンのあそこ!(1,400円程度)
まずはスウェットの上からビンビンにさせて超もっこりのテントを張ってもらいました。よく見るとなんとぐっしょりと。
そして待望のラストはこれまた凄い量!ドッピュドピュ濃厚なのが勢いよくでます!
※リダイレクトのためページが表示されるまで数秒お待ちください

雰囲気

そこそこ年季の入った銭湯って感じです…。
もしくははジムで筋トレやスタジオを終えた人の更衣室に併設されたお風呂?

それ以上のことが言えません…。(笑)

道順・外観紹介

新木場駅はJR/東京メトロ/東京臨海高速鉄道の3会社が1つの建物を分割して入居しています。(改札はそれぞれ別です)
どの鉄道会社でも改札は1か所のみ!駅から道路への出口も1か所のみ!
なんてコンパクトで明快。

新木場という場所柄…なのか、夜は地べたに座ってお酒を飲んだりタバコを吸ったりしている人が多く、ちょっとガラが悪いです。

現金がない場合にはここのコンビニでおろして行くのが賢明。BumBまで行くと本当に陸の孤島で周りに何もありません。

オリンピックのために公園全体の改修工事をしたようで、オシャレな感じに生まれ変わっています。夢の島公園はアーチェリー会場ですね。

奥にそびえるのは『新江東清掃工場 』。つまりはゴミ焼却場(クリーンセンター)です。

どうやらBumBという施設は、内部の暖房やサウナ、お湯などの熱エネルギーを、この焼却場の余熱を供給してもらうことでまかなっているようです。
そのためこの掃除工場が定期点検に突入すると熱供給がなくなり、サウナやお風呂は1か月間利用不可という長期の休業になるとのこと。
公共系は昔からそういう仕組みの施設がたまにありますねー。エコと持続可能性の視点、大事!

食堂・ロビー・券売機紹介

入ってすぐにレストランです。合宿に来た小学生や中学生が利用していることがままあります。
一般的な利用も可能で、ビュッフェやってたり、定食やってたり、ドリンクバーやってたりするみたいです。

券売機は施設のフロントの目の前にあります。
この全体受付では購入した利用券の受付と、宿泊の受付も行っているようです。

券売機は現金のみで、電子マネー等の利用不可です。
ジムやプールとセットで利用する場合、サウナは「サウナ割引 他施設利用570円という別のメニューを押すことに注意してください!

脱衣所紹介

券売機で利用券を買ったら真後ろの受付に提示してみましょう。
もしかしたらサウナ利用は「ここではなく更衣室の前にある受付で利用券を提示してください」と言われるかもです。ここはちょっと曖昧でした。
プールはプールで、サウナはサウナで個別の受付があるようなのです。
テクテク行ってみましょー。

例によって、看板の字体がやばいですね!!
この字体、なんという哀愁。というか、もはや怪しさ?
昭和ながらのスナックの看板かと思いました。(笑)

階段を降りると、THE施設って感じの、いたって普通の造りです。
この丸形の受付(これも年代を感じる)で利用券を提出しましょう!

受付右の扉を入ると、すぐに下駄箱が出現します。この下駄箱、見た目以上に結構年季が入っていて、なんか立て付けがユルユルです。
鍵も結構グルグル回っちゃうんですが、回しすぎると逆にうまく鍵が抜けず、半回転ぐらいで抜いてみると閉まるようです。。。

さらにここからdocomoの電波が入りづらくなります。ロッカー部屋なんかは電波1本あるかないかでネットサーフィンできません
WiFiは館内全体で飛んでいるようですが、このロッカー室はWiFi電波もかなり弱いです…。

このロッカー室はジム利用者の更衣室も兼ねているようで、ロッカーは2種類あります。
スポーツ施設を利用したり、1か月パスを持っている人は、カード挿入タイプのロッカーを使えるようです。
そしてお風呂単独の利用者は10円返却式ロッカーとなるようです。

言い換えると、ジム利用者やパス利用の常連さんは「水色のロッカーキー」を、風呂のみ利用の単発さんは「白ゴムのロッカーキー」を身に着けることになります。
お風呂の中で白ゴムのロッカーキーを見たら、同族の確率が高いかもしれません。(笑)
※スポーツ遠征で泊まりに来て入浴する人も単発ロッカーのようです。

ロシア陸軍官舎の風呂場03(650円程度)
サウナのほてりを覚ましているのか、全裸にサンダル姿で 戸外に出てたばこ吸ったり談笑したり。
男所帯なので隠す意味がないしね
※リダイレクトのためページが表示されるまで数秒お待ちください

お風呂紹介

仮眠室っぽいリクライニングチェアがありますが、蛍光灯でめちゃくちゃ明るいのでここで何かできるわけはありません。
風呂内は湯舟もサウナも熱いので、のぼせそうになったらこのチェアで休憩しましょう。冷水機もありました

お風呂入り口部分には簡易脱衣所があります。ここに飲み物とかタオルとか置けます。間違っても絶対に財布とスマホは置かないようにしよう!

お風呂の雰囲気は銭湯って感じでしょうか?

左と真ん中の浴槽は熱めのバイブラ浴槽です。下からブクブクタイプと、背中のジェットタイプですね。
右の浴槽が水風呂です。

サウナは低温と高温の2部屋
といっても90℃と100℃だったので、低温の方もそこそこ暑いです。

利点として、ただでさえお客さんが少ないのに2部屋あるので、どちらかに人がいたとしても、もう片方に入れば気になる人と2人きりの空間を作ることができます。(笑)
サウナには小窓もついているので外の人の動きも観察できますね。笑

リンスインシャンプーとボディソープ、ドライヤーは備え付けですが、タオルは持参しよう

サウナルームのズルむけ筋肉マッチョノンケ野郎(650円程度)
※リダイレクトのためページが表示されるまで数秒お待ちください

夢の島公園紹介

夢の島公園については、書くべきかどうかちょっと迷ったのですが、いろんなサイトや掲示板で書かれ、検索結果にも容易にヒットするので、堂々と書こうと思います。
夜の夢の島公園はハッテン公園として有名です。
夏は本当に盛り上がりを見せ、一部のエリアを10~20人がウロウロしています

しかも全裸で歩く人も結構いたり、複数で絡み合っていたりと、なかなか激しいのです。
公園なのでもちろん公共の場なんですが、その辺の有料ハッテン場の中と大して変わらない風景です。

記事はこちら⇒BumB(ぶんぶ)東京スポーツ文化館(夢の島公園編)

「性生活に役立つかもしれないグッズ」も紹介中!(本サイト内)

入館から退館までの流れ

  1. タオルと化粧水を持って行こう!
  2. 券売機で利用券を購入
  3. 全体受付もしくはサウナ受付に利用券を提出
  4. 下駄箱に靴を入れて施錠
  5. 10円返却式ロッカー利用 (カードを渡されたらカードロッカー)
  6. お風呂へGO!
  7. そのまま退館可能(カードを渡されていたら要返却)

友達2人が遊びにきてくれた時の話(1,600円程度)
何も知らずに一人目の友達、続いて二人目の友達と、、、。
皮をむいて丁寧に洗ってます!
二人目の友達は泡が気持ち良かったのかどんどん大きくなっていきます!
こんな立派なものをぶら下げてたなんて、、、。
※リダイレクトのためページが表示されるまで数秒お待ちください