第7話:僕が抱える性的な課題➁

LINEで送る
Pocket

僕の性にまつわる事情の特徴は以下の3点。

➀恋愛の対象は女性、性の対象は男性である
➁(結婚しているにも関わらず)不特定多数の男性との性的関係が止められない
③ノンケ男性が特に嗜好対象で、危険を犯して手を出そうとしてしまう

治すべきは②と③の部分。


①については別に人それぞれ十人十色。コーラが好き、ラム肉が好き、白色が好き、あいみょんが好き…みたいなのと同じだと思っています。
「LやGばかりだと滅んでしまう」とか「LGBTは民法の中にない”生き方”」とか「LGBTの人に会ったことがない」みたいな発言には、個人的には反論したくなりますが。(笑)


②については、今までの投稿で、出会い系に使っていたアプリやメールアドレス、カカオアカウントなどを妻と一緒に消したことは既に記載させていただきました。

削除した当時は確かに喪失感なのか虚脱感なのか並々ならぬものがありました。
感覚的には「悪事を働いて得た札束」を目の前で燃やされている気分ですね。(余計分かりづらいか笑)
本当は自分が手に入れるべきお金じゃなかったけれど、手にした以上はこのお金でいろんなものが買えたのに、何かの時のために取って置けたのに…みたいな。(笑)

今までのツテという名の資産を手放しているようでした。
1回限りの関係だったとしても(ヤリ目の場合はほとんどそうなんですが)、たとえ膨大なメールに埋もれて今後も見返すことはなかったとしても、依存症だからなのか、そもそも貧乏根性だからなのか、「手放す(削除する)」ということはすごくすごく辛いのです。
だって2010年ぐらいから今までのやりとりが全部残っているメールアカウントだったりするわけですよ。
この10年の思い出が消失する…、そして僕の10年間はなんだったの…って感じです。

でも②の問題を断ち切るにはこれをしないとダメだったと思っています。


③はどうやって改善していけばいいのか、具体的な方策がなかなか見えてきません。

世の中、あらゆるところにトイレ(駅も店も公園も)があり、至る所にノンケ男性はいますからね。特に深夜の帰り道は「もしかしてターゲットになる良い人がいるかも!」という思考がどうしても襲ってきます。

当ブログをご覧の皆さんだからこそ分かってもらえると思うし、できればアドバイスもいただきたい部分なんですが、改めて僕は何に性的に反応しているのか?考え直していきたいと思っています。

Qそもそもどうしてゲイ男性ではなく「ノンケ男性」に惹かれるのか?
Qサウナや仮眠室、路上でノンケ男性へのイタズラ行為が癖になるのはなぜなのか?
Q(ゲイ同士でよくても)どうしてハッテン場よりも一般サウナを好むのか?

LINEで送る
Pocket

「第7話:僕が抱える性的な課題➁」への2件のフィードバック

  1. 懲りずにこれからもノンケサウナハッテンの潜入レポ楽しみにしてます。ノンケサウナハッテンの魅力は野外露出や痴漢の様な発展場には無い悪い事してる感のスリルなので、奥さんにバレ無い様にと入店すれば盛り上がる事間違いありません。また大泉で勃起見せ付けちゃおうっと

    1. Xさん
      コメントいただきありがとうございます。
      僕としては懲りましたので(笑)、潜入レポは今後もないです。ご期待に沿えず恐縮です…。
      それにそもそもこのブログは妻と共用管理になったので、サウナ関連の新記事の投稿はそういう環境下からしても不可能です…。
      カメラマン&レポーター&ライターになっていただき、サウナ記事を書いてくださる方がどなたかいらっしゃれば、ぜひとも更新をお願いしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください