第5話:別のクリニックへ

LINEで送る
Pocket

以前に行った銀座のクリニックからのアドバイスをもとに、都内の「依存症外来」を調べ、依存症が疑われる人には専門の治療メソッドを提供している病院・クリニックを探しました。
数は少ないものの、都内でも何件かヒットし、その中から僕は新宿にあるクリニックに目星をつけました。実はここは銀座のクリニックを調べていたときにも見つけてはいたんですが、場所が自宅や職場から離れていたため、候補から外していました。

が、背に腹は代えられぬ。ちょっと遠いからなんて言ってる場合ではありませんでした。

まずはそのクリニックへ電話して、LGBT関連の性依存症に対応可能かどうか問い合わせをしてみたところ、親身に話を聞いてくださり「そういう患者さんも多いので大丈夫」ということでした。
それに妻からのアドバイスで、こういうものは実際に行ってみて、自分に合う・合わないもあるので、まずは行ってみるべしとも言われていました。

通院当日。
初回は文字通り「問診」でした。

ここのクリニックは依存症専門の先生が週に何日かいらっしゃるらしく(つまりそれが「依存症外来」)、初回は別の先生が担当で、僕が依存症に該当するのかどうか精査するため、僕が抱えている問題について先生に伝えていく作業でした。(そこで何かアドバイスがあるわけではなく、本当に「総合的判断の材料のため伝えている」という感じでした)

その判断で、依存症専門の先生に対応をお願いした方がよいとの結論になった場合に初めて、依存症専門の先生にお目にかかれる(依存症外来にかかれる)ようです。

僕の過去の悪行や妻との状況について、過大でもなく過小でもなくありのままを伝えていきました。壮大な話なので、触れ忘れた内容は多々あったと思いますが…。
時間は25分ぐらいでしょうか。感覚的にはかなり喋ったと思います。

最終的に先生の結論は「そうですね、これは依存症専門の先生に診ていただくのがよいかと思います。専門の先生は診察代にプラスで数千円の別料金が発生するんですが、次回その先生の予約をしますか(依存症外来行きますか)?」ということでした。

もちろん迷わず予約をお願いしました。

また、今回の先生に「依存症の自助グループについても調べていて、そういったところに通う方が良いのかどうか」についても質問してみました。その先生からは「次回診察する依存症専門の先生はそういった自助グループも紹介しているので、その先生にお勧めのグループを聞いてみてください」という回答でした。
あくまで今回は依存症に該当するかどうかの問診の模様です。(笑)

今回の診察も保険が適用され、診察代は前回とほぼ同じ二千円ちょっとでした。

次こそはいよいよ依存症専門の先生に診てもらいます!
まさか自分が依存症外来に通う基準に合致するとは…。単純に驚きで、面倒くささとか嫌悪感とか怖さみたいなものは全くなく、僕の性格上、興味・好奇心でいっぱいです。(笑)
そして専門治療を受けられるのは、脱却しようと模索する僕にとって頼もしい限りです。

LINEで送る
Pocket

「第5話:別のクリニックへ」への2件のフィードバック

  1. まだまだハッテン可能なノンケサウナレポート楽しみにしてますよ

    1. 匿名さん
      当ブログを楽しみにご覧いただきありがとうございます!
      それが…「その後」カテゴリーに投稿のとおり、今後はノンケサウナレポートからは足を洗おうと思っています。
      逆に僕の代わりのサウナレポーターは大募集しております!!
      サウナブログを更新してみたい方がいらっしゃれば、お問い合わせよりご連絡くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください