第2話:僕が抱える性的な課題

LINEで送る
Pocket

そして8月下旬、僕は妻とともに、銀座にある精神内科のクリニックへ行きました。

ざっくり言うと「性依存症(セックス依存症)」なのかもしれないと、前から自分でも思っていたのです。(※個人の推測であり、診断結果ではありません。)

僕が抱えている事項は、自分なりに整理すると大きく分けて3つ。


①自分の性的嗜好が女性も男性も対象となりえる

特に自分の場合、恋愛の対象は女性、性の対象は男性である。
このこと自体は生まれ持った性質として容認しています。この特徴については変えようとも、変えられるとも、変えるべきとも思っていません。
(でも、もしも思春期以前にこの嗜好を変えられていたら、人生どんなに楽だったろう…と思います)

②不特定多数の男性との性的関係が止められない

ゲイ界隈に詳しい人なら何となくのイメージは伝わるかもしれませんが、ゲイの世界はセックスや性行動に対するハードルがかなり低いと感じています。
少なくとも「だって男同士(同性同士)じゃん」という謎の感覚が僕にはあります。
同性間の性行為に対しては、語弊を恐れずにいうと、スポーツ感覚であったり体でのコミュニケーション程度に考えている節があります。
そのセックスに愛があるかといったことは考えず、本当にPlayしている(気持ちよく男同士で遊んでいる)という感じです。
※ゲイの人全てがそういった感覚であるはずは決してありません。

僕が持っているこの価値観は異性間の一般の感覚(マジョリティの感覚)とはかなり乖離していると、僕も頭では分かっています。
そして結婚している人にとって、配偶者以外とのそういった行為は論外であるということも頭では理解しています。
それでも僕は不特定多数の人と性行為をしたくなり、その性行動を止められない。根底には同性間のセックスに対する上記の価値観があり、不特定多数とのセックスに悪気を感じない。
この部分はいわゆる「普通の感覚」に変えていく必要があると思っています。
でないと妻を傷つける一方です。

③アブノーマルな性衝動が襲ってきてしまう。

このブログの過去の投稿のとおり、サウナの仮眠室で寝ている男性の股間にちょっかいを出したくなったり、ビデオボックスで鍵の開いている部屋を開けたくなったり、コロナ以前であれば路上で泥酔している男性にイタズラしたくなったり…といった衝動です。
これは法に触れ、人生を棒に振る可能性もあり、結婚する以前から普通ではない、治すべきだと思っていました。
今こそ喫緊で治す必要があると思っています。


クリニックを探すにあたってはネットで「性依存症 東京 病院」といったようなワードで検索し、ヒットした中から通勤地と居住地を考慮のうえ行きやすい場所からピックアップしていきました。
最終的にはGoogleマップの評価で今回のクリニックに決めました。

そして今回、銀座にあるクリニックで相談してみたところ、結果としてはそこのクリニックへの通院はしないものの、非常に丁寧な診察とアドバイスをいただきました。
担当くださった先生がおっしゃったのは以下のような主旨。
「私どもでできるのは月に数回のカウンセリングだけです。これもやらないよりはやった方が良いことは確かですが、依存症を専門とする病院に行かれた方が、同じ悩みを持つ方々とのグループ療法や、その他にも最新の知見に基づいたアプローチが可能だと思います。」

今回の相談内容が自分たちのクリニックの得意分野から外れること、そして専門病院の方が最新の治療を取り入れ、情報も豊富だと提案してくれたのです。(特定の病院の紹介もありませんでしたが…。)
今回の診療も健康保険が適用され、診察代は2千円ちょっとでした。

また病院を一から探すことになりましたが、「依存症というのは、アルコールにしても薬物にしても共通点が多いので、依存症を専門とする病院を探すといいかもしれない」というヒントも教えてもらいました。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください