第14話:対策にスマホアプリを活用

LINEで送る
Pocket

第13話で記事にした回答フォームをGoogleフォームで作成し、2月から記録付けを初めています。
なんとこれが今のところ大変うまくいっているのです!

理由は恐らく2つ。

まず1つめに、最後の問題行動となった1月下旬のときに、僕の頭の中には「記録付けを2月から始めるんだから、今回で終わりにしなきゃな。」という思いがありました。
問題行動をしながら「これが最後かな…。最後もまあこんなモンだよな。」なんて思ったりしていたのです。
そんなわけで、記録付けを始めるということが自分の中でよい転機になった気がします。

2つめの理由は、記録付けが自分自身と対話するよいツールになっていると感じることです。
僕は今まで日記というものを小学校の宿題以外で付けたことがなく(家計簿は10年以上つけてますが笑)、思い返せば1日全体を振り返るということが人生でほとんどありませんでした。
そもそも僕は性格上の特徴なのか、楽しかったことでも悲しかったことでも過ぎたことにほとんど興味がなく、これから先(といっても数時間後、1日後のレベル)はどうなるかという思考で、まだ起きていないことや明日のことを想像しては一喜一憂して生きてきました。

そんなわけで、今まで寝る前に僕の脳内にあったのは「明日はどんな日か」ばかり。
記録付けを行うことで、今日1日の出来事とそこにあった自分の感情を客観的に振り返られるようになったと感じています。
「今日1日でどれぐらいイライラしたか」、「どれぐらいセカセカした1日だったか」、「問題行動をどれほど起こしそうだったか」といったことを振り返ると、自分が思っている以上に意外と頑張ったな~とか、精神的に張りつめてるな(リラックスしなくちゃ)といったことが分かってきます。

そして「明日はどれぐらい問題行動を起こしそうか」という問いかけで、明日の状況を想像して危険度を自分自身で設定することで、天気予報的な機能も果たしています。
そうやって自分と対話できているな~~と思います。

そして、もう1つ、新しく「Detox – スマホ依存タイマー」という無料アプリを導入しました。

(多くの方がiPhoneユーザーだと思いますが、ざっと調べるに、このアプリはAndroid限定のようです。)

このアプリ、何ができるかというと、タイマーを設定した時間は電話以外のスマホの操作が一切できなくなるアプリなんです。

こんな感じでタイマーを好きに設定し、鍵のマークをタップ。
アラートがでるので「OK」をタップ。

そうすると設定した時間、このアプリが常にスマホ画面の前面に表示されるので、ホームボタンを押しても待ち受け画面さえ表示されません。もちろんアプリの切り替え画面も表示できません。
通知バーこそ、画面端からスクロールして表示できるんですが、何かの通知をタップしても裏でアプリが開く(ことが何となく見える)だけでこのカウントダウン画面が前面に出っぱなしで何も操作ができません。
万が一にも手が滑って10時間とか設定してしまった日には目も当てられなさそうですよね。(笑)

なぜこのアプリを導入したかというと、街でのナンパを除いてほとんどの問題行動にはスマホが欠かせません。
勤務中にネット掲示板などを見る、メールで誰かにコンタクトをとる、実際に会うときに連絡を取り合うなどなど。
そういう風な状態に陥りかけたときに、このアプリで5分でも10分でもスマホが使えなくなると、だいぶ心が我に返る(情熱が冷める)と思っています。

幸いにも最近は問題行動を起こしかけることもないので、このアプリの出番はないのですが、こんな素晴らしいアプリを作り、無料で配布されている開発者の方に心から感謝です!

これからもデジタルを味方につけて、引き続き問題行動からの脱却を図っていきたいと思います。

LINEで送る
Pocket

「第14話:対策にスマホアプリを活用」への2件のフィードバック

  1. 書き込みがないのは順調に行ってるということでしょうか?

    依存症を調べると、治りはしない、けれども、やめ続けることはできる、ようです。

    できる範囲で、現状報告を、待ってます。

    1. 赤水さん
      僕氏です。ご高察のとおり、書き込みがないのは順調に行っているということでした。
      やめ続けるという状態を1日1日積み重ねていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください