番外編6:サウナ情報について

LINEで送る
Pocket

皆さん、ご無沙汰しております。
しばらく更新が空いてしまいました。
ネガティブな理由ではなく、ありがたいことに仕事がとにかく忙しかったことと、夫との向き合いもとても順調だったからです。怪しいと感じることは無きにしもですが、ここ数か月、以前より回復していることは明らかでした。

そして本日はみなさんにお知らせがあります。
本日をもって、サウナ情報の記事を全面クローズさせていただきました。
これまで夫ともたびたび話し合ってきました。
全面クローズするのか一部クローズするのか、事前にアナウンスするのかしないのか、はたまた別の方法があるのか。
今回は私の意向を大きく反映してもらったこともあり、私からご報告をさせていただきました。
もしかしたら今後、また運用方法が変わることもあるかもしれませんが、しばらくはこの形で進めさせていただきます。

私は一個人としてサウナや関連施設での痴漢行為から、LGBTに対するネガティブな感情をもった方も少なくないのではと考えています。
“清く正しく”サウナを楽しみたい方にそんな感情を植え付けてしまうのは本望ではないという思いが、今回のサウナ記事クローズへの思いでした。
今後、サウナ記事に限らずアンケートなどのコンテンツも見直す可能性があります。

引き続き、たまにブログを訪れて、気にかけていただけましたら幸いです。

LINEで送る
Pocket

「番外編6:サウナ情報について」への2件のフィードバック

  1. お初コメントです。
    先日、本当に数日前に当ブログを見つけて記事を読み漁っており今まさに全ブログ消えた(非公開になった)のを見て何事!?と思っていたところこの記事に辿り着きました。
    こんなことがあったのですね。てっきり私と同じ独り身のゲイの方のブログだと思っていたので結婚までされていた方だったとは…。

    他の記事のコメント欄で、もうサウナに行くことはありませんが…。と返信されているのを見てどうしてかな?と思ってはいたので納得しました。
    そしてまさかの奥さんがブログを更新されていて驚きました。許せるものなんでしょうか…。(まだ現在公開の分全部読めてないのでそこに書いてるかもしれませんが。

    現在公開されている分、最初のだけ読みましたが確かにゲイの人たちの性に対する価値観は一般社会から大きくズレているとハッとさせられました。性に非常に緩い人が多くてそういう人たちが多いと引っ張られるんですよね。それくらい全然普通じゃない?みたいな。自分も始めはびっくりしてたのに。

    ただ愛する人がいるのであればこういう遊びはダメですね。それはゲイであろうと変わらないと思います。

    過去記事を読み逃したので少し残念ではありますが仕方ありません。はじめは何で消しちゃったんですか?また公開してほしいてほしいです!と問い合わせるために探してたんですが事情がこれですからね。

    こういう性癖を治すのは大変だと思います。むしろ無理なんじゃないかと思うくらいです。ですが奥さんを悲しませたくないから治したい!と思うということは愛しているからだと思うのでこれからは欲に負けないように、愛する人を傷つけないよう頑張ってください。
    うまく言葉にできてなくてすみません。ただ陰ながら応援しております。
    タイミングよくブログを拝見しておりましたので思わずコメントしてしまいました。

    1. ひろさん
      僕氏:コメントありがとうございます。
      せっかく見つけてくださったにも関わらず、タイミング悪く非公開とさせていただき恐縮です。
      ひろさんのコメントを読むに、サウナカテゴリの記事とその後カテゴリの記事では、閲覧者が全く別で、すみ分けができていたのかもしれませんね。
      ともあれ、応援してくださっていることに感謝です。ひろさんにおかれても、健やかなサウナライフを過ごされますように。
      今後とも何卒よろしくお願いいたします。

      妻ちゃん:コメントありがとうございます。
      ゲイかどうかに関わらず、お互いのポジティブな了承があれば複数関係を持つのありなのかもしれません。私はどうしてもそうできなかったのでどちらか選ぶ形ではっきり伝えました。
      まさに、許せる・許せないについては自分でも葛藤した部分ですね。
      こちらに書いていました!→ https://nonke-sauna.com/second/sidestory5/
      ちなみに、今も許してはいません。これについては一生許せないんだと思います。
      最初は正直「ほんとに病院通うのかな?ちゃんと自制する努力できるのかな?本気で向き合ってくれてるのかな?」など半信半疑で夫に向き合い始めましたが、彼の必死さや向き合おうとする姿を見て、今は心から応援する気持ちです。そしてそんな姿を見てきたからこそ、不思議なことに、発覚する前より発覚した今の方が夫のことを好きになっているのも事実です。
      性的指向を変えることは難しい(厳密にはできない・・)ので、いわゆる”羽目を外した行動”を抑え続けることを、今後も頑張ってもらいたいなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください