池袋ロイヤルホテル②

LINEで送る
Pocket

※宿泊ではなくサウナコースの場合の施設のみを記述した記事です。
※この記事は『池袋ロイヤルホテル』の関連記事です。

この記事では施設内部の紹介
巷でよく聞くロイヤル内部の事前学習ができちゃいます。(笑)

ロッカー紹介(2F)

今まで気づかなかったんですが、受付のすぐ横には女性ロッカー室がありました…。利用者を見たことはないです。(笑)

受付で支払いを済ませた後にロッカーキーが渡されます。
ロッカーキーに記載された番号のロッカーを探すんですが、このロッカー番号が非常に分かりにくくなっています

1⇒2⇒2003⇒004⇒5⇒7⇒8⇒2011⇒12⇒2013⇒2014…

帰納法的な法則はないんですが、一応考え方はあります。。。

  • 4桁だとしても1の位(もしくは10の位まで)だけを考える
  • 欠番がところどころに存在するが、基本的には降順に並ぶ

最初は混乱すると思いますが、頑張ってロッカーを探し当てたら、中にはヨレヨレの館内着&タオルセットが入っています。
しかもこの館内着、『AKスパ』並みに汚く、何となくカメムシっぽい臭いがします。
まあ小さいことは気にせずに、ここで館内着に着替えよう
※風呂場に脱衣所はありますが、自分のパンツは履いていかない方が良いです。(盗難の経験あり)携帯も置いて行こう

大学水球部のロッカールームのイケメン‼︎1,200円程度!
某大学水球部のロッカールームの着替え風景です。
真ん中に写ってる青年が超イケメン‼︎ブラブラチンコやプリケツの密林に興奮します♡
期間限定の販売なのでお見逃しなく!!!
※リダイレクトのためページが表示されるまで数秒お待ちください

リクライニング・飲料コーナー紹介(2F)

昔は11Fの脱衣所フロアに真っ暗な仮眠室があったんですが、激しいハッテン行為により閉鎖され、今や物置きになっているので、休む場所は受付フロア(2F)のリクライニングチェアのみです。

カーテンにワインレッドが採用され、劇場のような印象。
それにシャンデリアみたいなのもあったり、スポットライトが用意されていたり。
調理する厨房もすぐ隣にあるみたいなので、昔はホテルの宴会場か何かとして利用していたフロアだったのかと思われます。
装飾から「ロイヤル(王室の・高貴な)」を目指していた名残りが何となく垣間見えます。

リクライニングフロアの一角には漫画コーナーもあります。
その本棚でちゃっかり壁を作っていますが、裏にはマッサージルームも。

さらにリクライニングフロアにはバーコーナーみたいなのもあります。
昔はきっと食事も提供していたのかもしれませんが、今はビールとソフトドリンクのみが注文できるようです。
もうね、見た目が不衛生…。

通路・エレベーター紹介(2F)

大浴場へはリクライニングフロアを真っすぐ進んでエレベーターを目指します。2Fトイレもエレベーター奥です。

この道、ゴキブリ遭遇率がすごい高いらしいので注意です。(笑)
というか、業務用冷蔵庫とか樽とか…この薄暗さとか…。従業員通路感が半端ない。
やはりこの場所がホテル自体の厨房機能で、ホテル1Fの大食堂(ホテルに泊まるとモーニングが食べれる)へはここで調理した物を昇降機か何かで降ろしている気がします。

大浴場へ行くエレベーター前には携帯充電器、レトロゲーム、自販機と、小銭を稼ぐ系設備が設置されています。(笑)

ちなみにエレベーターの横がトイレ。
トイレのもとの表札が「アラーム弁室」ってどんな改装の仕方…。そもそもそれじゃあ火災のアラーム発報機能はどこへ…?(笑)
このトイレもかなり汚いです。。。詰まってて床が水浸しになってたりしたことも。

エレベーター自体は3機も並んでて、最初からお客さん向けとして設置しているっぽい。
ホテルが興隆を極めていた当時、このフロアはいったいどういう造り・用途だったんだろう?
今となっては2Fから大浴場(11F)へ行くには、一番左のエレベーターしか使えないようになっています。

エレベーターの中はパネルにガムテープが貼ってあり、2Fと11Fしか押せないようになっています。なんて明瞭!(笑)
ガムテープがきれいな「5」の字を描いてますね。

エレベーター内の壁には「ロイヤル(【形】高貴な)」を標榜していたときの高級感ある案内板の残骸。
今となってはマッサージとアカスリの貼り紙と低レベルな注意書き。

あとエレベーターの壁にはいろいろと落書きがあります。
ロイヤル会長(経営者のこと?)に対する怒りと憎悪に満ちた単語が結構目につきます。
これはホテルというか商売をしている店としてお客さんに見せちゃアカンでしょ…。

営業リーマンスペシャル!8名分で1,500円程度
みなさんこっそりとたまりまくってやりたくてしょうがないでしょうね。
ぎんぎんのをシコシコしこりまくっています!
※リダイレクトのためページが表示されるまで数秒お待ちください

脱衣所紹介(11F)

いよいよ着きました、11Fが脱衣所です。

ホテル利用者も入浴しに来る(むしろそっちが本来)ので、スリッパ入れとか用意されています。
サウナのみの利用者は…ロッカー室からずっと裸足です…。

暖簾をくぐると脱衣所です。

この脱衣所で全部脱ぎ、タオルを持って大浴場(12F)へ上がっていきます。

お風呂紹介(12F)

大浴場の中はというと…

  • お湯のお風呂×3
  • 露天風呂×1
  • 水風呂×1
  • サウナ×1(大部屋)
  • シャワー3台+6台(入り口側と奥側と2か所)
  • 立ちシャワー2台(使用禁止な模様)

お湯のお風呂はなぜ3浴槽あるのかよく分かりませんが、店外の呼び込み看板とかを見るに、昔は薬湯とかやっていたようです。
なんとなーくですが、今は湯温がちょっとずつ違うような気がします。
ちなみに昔はサウナも低温・高温・ミストがあったようです。

露天風呂はぬるめ設定で、長時間入浴してものぼせません。
後付けしたためか比較的新しくて清潔で、屋上の開放的な雰囲気と相まって、まったりとリラックスができ、結構オススメです!
ただ、開放的過ぎて、横のオフィスビルと高層マンションから露天風呂は丸見えです。(笑)

スポット紹介

人がいない隙に、わりとどこでもっていう印象が強いです。(笑)

まずサウナ。これはどの店でも鉄板ですね。
座る段・位置・角度によって股間の見えやすさが変わります。

続いて露天風呂。(内風呂よりは露天だと思う)
風呂の縁に座ってそれとなく自分のモノを触って大きくして対面の人にアピールしてみたりとか。

そして奥の洗い場。
気になる人がシャワーのところに行った時が結構チャンスです。
1つ空けて横に陣取り(真横はさすがにちょっと引かれます)、ボディソープでイチモツを念入りに洗ってみたり。立ってシャワーを浴びながら見せつけてみたり。
洗い場は人が来ないので2人だけの空間になることが多く邪魔が入らず、ロイヤルではアプローチスポットなようです。

が、しかし。良い感じの人が見つかったもののそこは一般大浴場。
その後はどこでコトに及んでいるのか疑問ですよね。
深夜だと人が来ないサウナ内で複数…とかあるみたいです。

夕方~夜で一般的なのは脱衣所(11F)のトイレが多いのでは。
しかも!!1つしかない個室に2人で入るとスリッパの数が合わなくなって怪しまれるので、1人は裸足のまま入っていくことが多いようです。
もともと不潔な施設なのに裸足でトイレに…。

あとはレアだと思っているんですが、露天風呂からやや離れた木陰?
というのも、露天風呂の周りにはプランターに植えられた木がたくさん並べられています。その中に「秘密の花園への道」みたいな(笑)、小道がひっそりとあります。
明らかに一般の人が通るところではなく、備品置き場とか洗濯物干し場に通じる従業員用の道なんでしょうが、そこから裸の2人組が半勃起状態で出てきたのを見たことがあります…。
まあ通行禁止とも書いていないので、「奥にまだ別の露天があるのかと思って間違えて入っちゃったんです~」と言い訳すればそれまでな気もします。これはモラルの問題ですね…。

皆さん、マナーは守りましょう!

【ノンケシリーズ!】ノンケがまたしても!1,000円程度
ノンケってかまわず見せちゃうから最高ですよね。
中にはめちゃくちゃイケメンまで!
アップも多いので見ごたえありまくりです!
※リダイレクトのためページが表示されるまで数秒お待ちください

仮眠室(閉鎖中)について

脱衣所の奥に、2017年ごろまでハッテン場かのように使われていた仮眠室(閉鎖中)があります。今は扉こそあるものの、中は物置きになっているようです。

仮眠室の中はかなり暗く、明るい脱衣所から中に入ると目が慣れるまでは中がどうなっているかはっきり分からず、他人の顔もよく見えないほどでした。
部屋自体の大きさは25㎡ぐらいだったんでしょうか。
両サイドにリクライニングチェアが5脚ずつぐらい並んでいたと思います。

もともと仮眠室は24時間開放されていたんですが、2017年の春頃から時間によって(18時以降だったかな)閉鎖されるようになり、その年の冬頃には終日閉鎖になったように記憶しています。
特に一部時間の閉鎖が決定されるまではかなり派手に繰り広げられており、あまりになりふり構わない状況で、その光景を個人的には「儀式」と呼んでいました。(笑)
真っ暗な部屋の中を無言で彷徨う複数の人影、リクライニングチェアの周りには2、3人がタカっていたり、ときには部屋の中央でも4人ほどが円になっていたり…。
顔もはっきり見えないような暗さの中で、入院着みたいな館内着を着た人たちが群がり、無言で黙々としごき合いをしているんですよ。
それで仮眠室に人が入ってくる音が聞こえるたびに手を止めて一瞬散らばるんです。でも5秒後には先ほどの場所にぞろぞろ寄り集まって責め合いを再開する…。
その光景が管理人にはKKKの儀式を彷彿とさせ、なんとも言えない不気味さを感じていました。(笑)
管理人でさえ奇妙さを感じていたわけなので、ここにノンケが入ってきたら、恐怖以外の何物でもなかったはず。一見何をしているか分からないオカルト的な怖さもあって、恐怖で声も出せず心臓がバクバクになったと思います。

皆さん、マナーは守って
楽しいノンケのサウナ・仮眠室ライフを送りましょう!

[牙九ぽっぽ] の【お前、ズリネタだから】


LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください