カプセル&サウナ ロスコ(旧:カプセルイン駒込)

LINEで送る
Pocket

※この記事は『ロスコ②』『ロスコ③』の関連記事です。

ネット掲示板などにもあまり載らず、個人的にはマイナーだと思っている駒込にある穴場スポット『ROSCO(ロスコ)』の紹介です。
駒込なので山手線沿線で、駅からも徒歩30秒!

  • 年中無休/24時間
  • 予約可(カプセル利用で楽天ポイントが貯まる)
  • 浴場・サウナ・露天風呂
  • シャンプー一式(無料)・ひげ剃り(有料)・歯ブラシ(無料)
  • アメニティー一式・ドライヤー無料 (※全無料)
  • 仮眠室あり・リクライニングチェア・雑魚寝・カプセル
  • 食堂あり・漫画コーナー・WiFiあり
  • アカスリ・マッサージ
  • クレジット決済可 (ほぼ全ての定番国際ブランド)

ここは施設の設備としては上野にある『ダンディ』と被ります。
が…ダンディの盛況ぶりとは裏腹に、ここは過疎ってます。
だから穴場なのです。笑
人が少なすぎて上級向けかもしれません。
では早速!!!

特徴

  • もはや地元の中高年が通う銭湯
  • 寝転がれるサウナとぬるめの露天風呂
  • 仕切りが低く対面モロ見えの洗い場
  • 脳内マップが作れない探検しがいのあるダンジョン構造の館内
  • かなり分かりづらい場所にある真っ暗な仮眠室
  • カプセル泊なら15時~翌12時まで滞在可能

客層

3割は40代以上、半数は60代以上と思われるほど、年齢層は高いです。
若い人もチラホラは見受けられますが、大学生みたいな人は全然いません。
20代後半~ではないでしょうか。
外国人はほとんどいません。たまーに中国人っぽいおじさんがいます。

あと、全体的な利用は宿泊ではなく、短時間の入浴が大半になっています。
そのため仮眠室は客「層」なんて言えるレベルではなく、20時頃までは貸し切り状態。
それでも相手がいれば、邪魔が入らないのでデメリットがメリットになるかも。

  • 10代:皆無
  • 20代:1割
  • 30代:1割
  • 40代:2割
  • 50代:1割
  • 60代以上:5割

オススメ利用時間

これ注意してください!
休日の深夜じゃないと厳しいです。
平日の日中なんてガラガラすぎて目も当てられません。

夕方以降は地元の銭湯のごとく、お風呂の利用者が常に一定数はいますが、だいたい1時間程度でみんな帰っていきます。
何か期待する場合は、少なくとも夜遅くか、なるべくは泊まりで利用すべき施設だと思います。
さらには、できれば前々からネット掲示板で呼びかけておいた方が確実です。

  • 事前に掲示板で呼びかけ
  • カプセル宿泊は15時からチェックイン可(入館後も外出可)
  • 19時ごろ入館 ⇒ サウナ・露天風呂を堪能
  • 21時ごろから館内で食事
  • 23時ごろから仮眠室へ
  • 翌12時までに退館(カプセル自体は10時までに退散)

雰囲気

フロントこそ明るくきれいな感じですが、2階以上は思いっきりレトロな雰囲気が漂います!
相当前に作られた建物だと思われ、それはそれはレトロ。

まずは外観チェック!

外看板からしてすでに年季が入ってます。
それでも夜になったら間接照明で、良い感じのアクアスパ感。
青いロゴは字体がかわいいですねー。

まだ館内に入らずに建物の横に回ると…

横では「駒込食堂 じみち」なる食堂を運営しています。
この食堂はロスコ館内にあるレストランと全く同じメニューと価格で、しかもこの食堂も24時間
正確にはロスコの料理はこの食堂側で担っているよう。
この食堂で火を使うものは調理して、 ロスコ館内の食事処には昇降機で運んでいる模様。

そのためロスコでの食事も、おつまみやお酒の種類はもちろん、定食メニューもかなり充実していて、そこそこ安くおいしいので、ご飯は館内もしくはこのお店で食べるのも良いと思います。
ちなみに館内はマンガコーナーと一体化していて、ロスコ内ならマンガ見ながらご飯食べれます

さらには、ロスコの対面には…

ホテル プラザ駒込』があります。
これもロスコグループ運営の模様。

公式HPには「ご宿泊のお客様は、ROSCOのスパ&サウナ使い放題!」の謡い文句が。
んーー、道路わたってお風呂入りに行くなんて、ちょっと遠くないか?(笑)

さて!満を持してそろそろ入店。

脱衣場とお風呂はレトロさが上手く出ていて情緒溢れます
古さはあるものの掃除や手入れは行き届いていて、リニューアルを重ねたと思われる店側のいろんな努力や工夫が見てとれます。
しかし…この後から手を加えたであろう加工が、結果として建物の謎の構造をつくってしまっています。
書けば長いので詳しくは別記事で!

昼間なら12時間コース、1泊ならカプセルがコスパ良し

本当は3時間コースとかあればいいんですが、90分コース(税込1,200円)の次は一気に12時間コース(税込1,800円)になってしまいます。
しかも最初に90分コースを選んで超過した場合、自動で800円が加算されて合計2,000円で12時間コースに変更になるので、普通にサウナを堪能したい場合には最初から12時間コースの方が安心です。

宿泊の場合は12時間コース+深夜料金(1,200円+1,000円の合計2,200円)という手もありますが、ゆったりとカプセル宿泊(税込3,240円)も捨てがたいところ。
なお、ロスコでの「深夜」とは1時~5時の滞在です。

カプセル利用なら15時から入館可能で、翌10時までのカプセル利用、その後お昼12時までは滞在できます。
ただし10時~11時はお風呂掃除の時間で入浴不可なのが、イタいところ。
早めに入館して外に行きたくなっても、カプセルなら外出可能です。

カプセル内にはコンセントが2つもありますし、Wi-Fiも飛んでいるので、タブレットやノートPC持ち込んでいろんな作業に没頭できます。
頭が煮詰まったらお風呂へ行けます!

カプセル利用にする場合はWeb予約すべし!
楽天・るるぶ・じゃらんから予約でき、ポイントが貯まります。

ダンジョン構造・ロッカー・お風呂・食堂・カプセル・仮眠室

別記事で掲載しました!

ダンジョン構造・ロッカー・お風呂・食堂はロスコ②!

カプセル・仮眠室はロスコ③!

入館から退館までの流れ

  1. 駄箱に靴を入れて施錠
  2. 受付で下駄箱の鍵を渡してその場で料金支払い。ロッカーキー受取
  3. 3階のロッカー&お風呂へGO!
  4. 風呂・サウナを堪能
  5. 館内着に着替えたら館内探検。ご飯食べるのも良し。
  6. 深夜から朝方は仮眠室堪能!
  7. 退館時はロッカーキーのみで受付可。追加金がなければ下駄箱の鍵を受け取って退館
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください