サウナ&カプセルホテル ダンディ

LINEで送る
Pocket

※この記事は『サウナ&カプセルホテル ダンディ2』の関連記事です。

上野と御徒町の中間にある超大型カプセル施設「ダンディ
名前がちょっと野暮ったいので「上野なイメージ」が湧きますが、その思い込みは捨てた方が良い!
とにかくノンケを物色したい!というときは絶好のスポット。
日中のサウナ利用も安めだし、カプセル宿泊もうまくやれば安く泊まれる!
観光や出張での安宿として使っている方も多数。

  • 年中無休/24時間
  • 夜は予約可 ※当日でも可。予約なしで行くと定価。予約は安いプラン多々あり。
  • 浴場・サウナ・露天風呂
  • シャンプー一式・ひげ剃り・歯ブラシ (※全無料)
  • アメニティ一式・ドライヤー無料  (※全無料)
  • 仮眠室あり・リクライニングチェア・雑魚寝・カプセル・ 簡易個室(漫喫風)
  • 食堂あり・ WiFiあり
  • アカスリ・マッサージ
  • メンバーズカードあり・クーポンアプリあり
  • クレジット決済可(Dinersは不可)

一部のネット掲示板ではかなり盛り上がりをみせる施設。
その人気を支えていると思われるのは、なんと言ってもその収容能力の大きさ
雑魚寝だけでも新宿の『こりこり』同等の広さを誇り、加えてカプセルが300個室を超えた設置数!!
さらにはその稼働率も、金曜や休日は7割、連休だと8~9割は埋まってる感覚。
これだけ母数がいれば、確実にノンケ(+ゲイ)を堪能できること間違いなし!!

[CLUB-Z] の【若パパだってたまるんですっ!】

晴れてパパになるガテン系細筋の古賀クンは不満を抱えていた。
最近エッチがご無沙汰なのだ。

特徴

  • 他施設を凌駕した収容人数
  • 観光から出張、終電後の若者までカバー
  • メリハリのついた安めの価格設定(宿泊予約の場合)
  • カプセル・雑魚寝・簡易個室・浴場の4つの楽しみ
  • 露出好き・寝待ち多し(ノンケもゲイも)

客層

名前が「ダンディ」なのでオジサン多めなイメージが勝手に湧きますが、泊まってる人は若い学生も結構います
新宿のこりこりはガサツな感じがするのに、ここはそこまでマナー悪い人がいないのは名前がダンディ(紳士)だから?笑

予約できる施設なので、東京へ遊びに来た若者と外国人が多く利用。
あとは出張風の中堅~中年のリーマンもちらほら。(経費削減しすぎじゃない?笑)
そのためリュックとかスーツケースとかを持っている率が他施設よりかなり高いです。
終電逃したであろう人もまあまあいますが、メインは前者かな。

利用客層(休日に宿泊の場合)※完全に個人のイメージ

  • 10代:1割(大学前半や専門生のこと)
  • 20代:2割
  • 30代:2割
  • 40代:2割
  • 50代:2割
  • 60代以上:1割

めっちゃバランスとれてる。笑

オススメ利用時間 

基本は宿泊利用がオススメ

昼間利用は価格が安いので、宿泊に向けた下見とか、お試し利用もありっちゃありです。
ただし管理人も昼間に行ったこともあるけど、夜とは違って人があんまりいません。昼に行く場合には事前の掲示板チェックは必須。

  • 行きたい日(金曜や連休が良い)を決めたら予約検索
  • 21時頃に入館 ⇒ 露天風呂を堪能
  • 22時半~深夜1時までカプセルはノンケのオ〇ニータイム
  • 1時からはノンケの爆睡タイム
  • 3時頃までは雑魚寝でゲイが盛り上がりを見せる
  • 5時~7時の朝〇ちタイム
  • 7時以降は激混みのお風呂を堪能 ⇒ 退館

雰囲気

一言でいうと「幅の広さ」。
若い人からオジサンまで幅広く。カプセルは西洋系~中韓系の外国人も利用。
宿泊形態も雑魚寝カプセル簡易個室と幅広く。
ノンケの種類も、育ちよさげ~たまに泥酔くんまでラインナップ。
ゲイさえも幅広く、若い寝待ち~ベテラン竿師、徘徊系親父まで。

施設自体は、大型スタッフ少数THEカプセル施設って感じでしょうか。

これで一定の秩序を保っているのはすごい!(皆さんもこの秩序は守りましょう)

安めの価格設定(宿泊は予約すべし)

早朝以外でサウナ利用の場合には、メンバーズカードもしくは専用スマホアプリで料金が300円OFFになる模様。
ぜひ活用しよう!300円あれば水分補給の飲み物が2つは買えるよ!笑

宿泊利用の場合、公式ホームページに掲載している料金は定価が書いてありますが、予約すればそれの7ガケぐらいの価格で泊まれます。
というのも、ここは一般的なホテルと同様に変動価格制を導入していて、連休などの需要が高いときには高額に、何もない平日などは低額になるよう、うまく設定してきています。

3連休が始まる金曜日であったとしても、場合によっては3,000円以下のときがあるので、そこが絶好のダンディ日和。
管理人が行く場合も、カプセル1泊が2,700円程度の日を狙っております。笑

金曜は飲み会だ~、今度の3連休は暇だ~と思った人!
とりあえず!ダンディの価格を調べるべきです!!笑

豊富な楽しみ方

巨大さゆえにいろんなお楽しみスポットがあります。
それはもうテーマパーク並みに楽しめます。笑

その分、記載することが多いので別記事で書きました!!

こちら⇒サウナ&カプセルホテル ダンディ②

入館から退館までの流れ

  1. 夜の場合:料金をチェック / 昼の場合:出会い掲示板をチェック
  2. 駄箱に靴を入れて施錠
  3. 受付で下駄箱の鍵を渡しながら、 予約名を伝えるかコース選択 ※クーポンあり
  4. その場で支払い。氏名を記入(宿泊の場合のみ)。ロッカーキー受取。
  5. 館内着にお着替え(カプセルはカプセル階にロッカー。それ以外はフロント横にロッカー。)
  6. タオルだけ持ってお風呂へGO! ※脱衣所の盗難注意。脱衣所に無料ミニ貴重品BOXあり。
  7. カプセル堪能!雑魚寝堪能!簡易個室堪能!
  8. 朝は激混みお風呂へGO!
  9. 退館時はロッカーキーのみで受付可。追加金がなければ下駄箱の鍵を受け取って退館 。
マッチョ兄さんのオナニー大好き
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください