第15話:近況共有とサウナ記事の方向性

前回の更新から期間が開いてしまいましたが、僕は変わらずに元気に生活しております。
夫婦関係もお蔭さまで良好です!
今年度から仕事で担務が急増して多忙で…、そして特段の変化のない生活で…ブログを更新できておりませんでした。
心配してコメントしてくださる方もいらっしゃり、感謝申し上げます。
身体的にも精神的にも元気・安定です。

問題行動への対策状況はというと、Googleフォームを使った記録付けは毎日行っています。
3月初めから行っているので、ちょうど3か月分のデータが貯まったことになります。
日々の記録付けで1日を振り返ることが、次の日に問題行動を起こさない意識づけにはなっていますが、そろそろ貯まったデータを考察してみるというのも必要かと思っています。
ここから何らかの規則性が見つかればいいなぁ…と。(3か月=90個のデータじゃ少ないか)

もう1つの画面ロックアプリについては、「早め・長め」の設定が重要なことが分かってきました。
問題行動を画策しはじめてからヤバいと思って5分ロック…ではなくて、「今日(明日)はちょっとそういうことをしそうだな」と記録付けで分かったら、朝の出社時に電車から降りるときに5時間ぐらい設定するのが良いです。
会社携帯は持っているので、個人のスマホが5時間使えなくて致命的に困ることは特にありません。
もしも万が一、周囲から「なんで個人スマホ使えないの?」と言われたら(会社でそんな状況、よほどでない限りないですが)、「デジタルデトックスしてます!(キリッ)」でかわそうと思っています。笑

さて、話は変わってこのサイト内に掲載しているサウナ記事を今後どうするかについて。

一方的に僕の気持ちだけを言わせてもらうと、

  • せっかく書いたんだから見てもらいたい
  • 今でもサウナ記事には3万弱/月のビューがあり、検索内容によっては上位にヒットするほどに育った
  • 僕の性依存症の内容が具体的にイメージできてその後ブログとの対比がしやすい

という理由で公開し続けていました。

一方で、これでゲイに対するイメージが悪くなっている、悪質行為を助長しうるという意見も認識していますし、理解もできます。
これに対して勝手な言い分としては、

  • 記載された内容はあくまで「こんなことできそう」という示唆であって悪質行為を推奨はしていない
  • こんなやり方は多少の頭があれば現地を見た人は誰でも考え付くじゃん…

と思って、公開を続けていました。
が、自分でも屁理屈だとは思っていますので、頂戴している意見は大変理解しています。

今後、非公開にする、パスワード付きの限定公開にする、閉鎖されたサウナ情報のみを掲載する…といった方向に徐々に舵を切ろうかと思っています。
その際は公開方法切り替えまでのバッファー期間を設けさせていただきますが、そういう方向に変わっていくんだな~と心の片隅にお含みおきをいただければ幸いです。

第14話:対策にスマホアプリを活用

第13話で記事にした回答フォームをGoogleフォームで作成し、2月から記録付けを初めています。
なんとこれが今のところ大変うまくいっているのです!

理由は恐らく2つ。

まず1つめに、最後の問題行動となった1月下旬のときに、僕の頭の中には「記録付けを2月から始めるんだから、今回で終わりにしなきゃな。」という思いがありました。
問題行動をしながら「これが最後かな…。最後もまあこんなモンだよな。」なんて思ったりしていたのです。
そんなわけで、記録付けを始めるということが自分の中でよい転機になった気がします。

2つめの理由は、記録付けが自分自身と対話するよいツールになっていると感じることです。
僕は今まで日記というものを小学校の宿題以外で付けたことがなく(家計簿は10年以上つけてますが笑)、思い返せば1日全体を振り返るということが人生でほとんどありませんでした。
そもそも僕は性格上の特徴なのか、楽しかったことでも悲しかったことでも過ぎたことにほとんど興味がなく、これから先(といっても数時間後、1日後のレベル)はどうなるかという思考で、まだ起きていないことや明日のことを想像しては一喜一憂して生きてきました。

そんなわけで、今まで寝る前に僕の脳内にあったのは「明日はどんな日か」ばかり。
記録付けを行うことで、今日1日の出来事とそこにあった自分の感情を客観的に振り返られるようになったと感じています。
「今日1日でどれぐらいイライラしたか」、「どれぐらいセカセカした1日だったか」、「問題行動をどれほど起こしそうだったか」といったことを振り返ると、自分が思っている以上に意外と頑張ったな~とか、精神的に張りつめてるな(リラックスしなくちゃ)といったことが分かってきます。

そして「明日はどれぐらい問題行動を起こしそうか」という問いかけで、明日の状況を想像して危険度を自分自身で設定することで、天気予報的な機能も果たしています。
そうやって自分と対話できているな~~と思います。

そして、もう1つ、新しく「Detox – スマホ依存タイマー」という無料アプリを導入しました。

(多くの方がiPhoneユーザーだと思いますが、ざっと調べるに、このアプリはAndroid限定のようです。)

このアプリ、何ができるかというと、タイマーを設定した時間は電話以外のスマホの操作が一切できなくなるアプリなんです。

こんな感じでタイマーを好きに設定し、鍵のマークをタップ。
アラートがでるので「OK」をタップ。

そうすると設定した時間、このアプリが常にスマホ画面の前面に表示されるので、ホームボタンを押しても待ち受け画面さえ表示されません。もちろんアプリの切り替え画面も表示できません。
通知バーこそ、画面端からスクロールして表示できるんですが、何かの通知をタップしても裏でアプリが開く(ことが何となく見える)だけでこのカウントダウン画面が前面に出っぱなしで何も操作ができません。
万が一にも手が滑って10時間とか設定してしまった日には目も当てられなさそうですよね。(笑)

なぜこのアプリを導入したかというと、街でのナンパを除いてほとんどの問題行動にはスマホが欠かせません。
勤務中にネット掲示板などを見る、メールで誰かにコンタクトをとる、実際に会うときに連絡を取り合うなどなど。
そういう風な状態に陥りかけたときに、このアプリで5分でも10分でもスマホが使えなくなると、だいぶ心が我に返る(情熱が冷める)と思っています。

幸いにも最近は問題行動を起こしかけることもないので、このアプリの出番はないのですが、こんな素晴らしいアプリを作り、無料で配布されている開発者の方に心から感謝です!

これからもデジタルを味方につけて、引き続き問題行動からの脱却を図っていきたいと思います。