カプセルホテル&サウナ 銀河 綾瀬

今回は 綾瀬にある一時期ブレイクしかけたサウナ銀河」の紹介です。
足立区 綾瀬という何とも雑多な街(失礼)にあり、サウナの内外ともに無法地帯かと思いきや、、、お客さんが少なく同族と巡り会うのが難しいことも

いっときは「休憩フロアにはロフトが設置されていて、死角になってる!わざわざロフトに上がって寝る人は寝待ちが多い!」という噂とともに盛り上がりました。
が、、、2019年5月のGW明けでしょうか、 20代の責め師さんが、ロフトでおおっぴらに3回にわたり堂々とフェ〇を繰り広げ、下で気づいたノンケさんからお店に苦情が入った模様。その後、店がやや警戒中ということで、また一気に下火に戻ってしまいました。
やはり一般のサウナですからね、大胆すぎる行為はご法度です。

ここから広告文です

本文は画像の下に続きます

↓大学生カップルの激しい朝(1,100円程度)↓
朝からイチャイチャし始め下着を穿いたままお互いの股間をスリスリしています。
彼氏のアソコはギンギンで下着のもっこりがすごいことになっています!
ゆっくりと下着を下ろすと超立派なギンギンなのが!
そのまま正常位でズボズボピストン運動の嵐!
でっかいタマがこちらからブルンブルン揺れまくってるのがわかります。
※リダイレクトのためページが表示されるまで数秒お待ちください

銀河の公式ホームページを見てると、古風なスナック?のようなロゴと写真で、さらには料金欄を見てみると、ただの入浴にも関わらず「ホームページ限定価格」など書かれていて、ちょっと難しそうに感じる人がいるかも。
実際は全然難しくなく、普通に行って受付をしたら「HP限定価格(定価マイナス500円)」にしてくれるので、普通のサウナと同じ要領で受付可能です。
スナックみたいなロゴですが、内装も接客もケバさはないので安心安心。(笑)

ただし全館喫煙可能となっており、歩いてると「あータバコの臭いするな」って思う瞬間がときどきあるかも。臭い移りするほどタバコ臭いわけじゃないです。
管理人(ノンスモーカー)的には許容範囲ですが、休憩室で自分の近くで吸われると嫌ですね…。

ただし、そもそも風呂やサウナも貸し切りになることが多いほど館内は人が少なく快適で、食事メニューも充実しており、さらには注文した料理はリクライニングチェアで飲食ができるので、脱力してぼーっと過ごすには最適な場所だと思います!

立地もバツグン!
綾瀬駅(JR常磐線/地下鉄千代田線)の西改札から徒歩30秒なのでさくっと行けちゃいます!

  • 年中無休/24時間
  • 夜は予約可(カプセル利用の場合のみ) ※楽天トラベル等も利用可
  • 浴場・サウナ
  • シャンプー一式・ひげ剃り・歯ブラシ (※全無料)
  • アメニティ一式・ドライヤー無料 (※全無料)
  • 仮眠室あり・リクライニングチェア・雑魚寝・カプセル
  • 食堂あり・漫画コーナー・ゲームコーナー・WiFiあり(au系のみ)
  • アカスリ・マッサージ
  • クレジット決済可

公式HPには「姉妹店」というページがあり、なんと!今は無き六本木のvivi(ここの簡易2段ベッドはすごかったのです)が掲載されているではありませんか!
姉妹店って?経営者が一緒なんでしょうか?
銀河もviviもホームページのドメインが「sauna.co.jp」というサウナ界の王様みたいなドメインを使用しています。

特徴

  • 駅から近い好立地と充実の飲食メニュー
  • 人の少なさと高温がネックだが一本釣りにはいいサウナ
  • ちょっと遊び心のある3階のダイニングレイアウト
  • 下から見られそうなヒヤヒヤ感と何か起こりそうな雰囲気のロフト

客層

中高年が多いサウナです。ここも近所の人にとっての銭湯みたいになっているんでしょうか?
平日に行くと風呂やサウナの貸切率が高いので、行くとしたら金曜の夜か土曜の夜がいいと思います。

とは言っても、金曜や土曜の夜中に行っても、終電を逃してしまった層はあまり泊まっていない印象があります。
千代田線の終電は我孫子行き(JR直通)ですが、終電の1つ前の電車は綾瀬止まりなので、流れ着いた酔っ払いがもっといても良さそうなんですが、全然いません。
酒飲みのイメージのある綾瀬なので飲屋街もありますが、そこからの流入もそんなになさそうです。

また、ごくごく稀に若い人もいますが、20代は普段は皆無と言ってもいいかもしれません。
逆に若い人は寝待ちの可能性が高いかも…。(この偏見。笑)

あとは食堂の半個室でワイワイお酒を飲んで楽しそうにしているオヤジさんたちが結構います。あれは一体どういう集団なのでしょう…。ちょっとガラが悪いんですが(失礼)、何だか楽しそうです。

館内は喫煙ができるので、客層的にスモーカーの人も多いんでしょうね。

利用客層(金曜の深夜とかに宿泊の場合 )※完全に個人のイメージ

  • 10代:皆無
  • 20代:皆無
  • 30代:1割
  • 40代:3割
  • 50代:3割
  • 60代以上:3割

オススメ利用時間・料金

もともと人が少ないのですが、オススメは休日にかけての宿泊時間(金曜夜~翌朝・土曜夜~翌朝)ですね。

サウナでアプローチをするパターンと、ロフトでイタズラするパターンの2つがあるようです。
だいたいサウナは遅い時間だろうが早い時間だろうがガラガラです。

一方のロフトに関しては防犯カメラは気にならない(というかロッカー室以外にはない?)のですが、角度によっては下から普通に見られているような気がしてドキドキします。食堂を兼ねた空間なので23時頃までは店員さんが意外と動き回っていて落ち着かないです。ロフトは深夜〜早朝がいいかもしれません。

料金はカプセル利用などではなく、深夜入泉(普通入泉+深夜料金になったとしても同額)の2,600円が良いでしょう。

カプセルは+900円の3,500円で利用可能で、事前予約もできます
ただしこの施設はロフトが醍醐味なので、カプセルを利用する必要があるかどうかは微妙なところです。

上記の紹介した金額は公式HPに「ホームページ限定価格」と書いてあるので「もしかしてWEB予約とか?」って深読みしてしまいそうですが、手ぶらで行って普通に受付したら上記の金額で案内されるので安心してください!

ちなみにガチで朝が得意な人なら朝5時〜10時なら1,100円で入泉できるので朝5時に行ってみるのも手かもしれません。(笑)

都内のサウナで寝てるノンケリーマン(1,400円程度)
都内のサウナで寝ているノンケリーマンの布団をめくり上げ、あそこを取り出し、もんで触っちゃいます。
全三名。
※リダイレクトのためページが表示されるまで数秒お待ちください

雰囲気

こういうサウナにあるあるで、このブログでも定番中の定番の言葉となっちゃいましたが、「場末感がすごい」です。(笑)
外観から始まり、中まで場末です。
それでも年季は入っているもののキレイになるよう心がけているなーと思います。

3階の休憩スペース兼食堂も嫌いじゃないです!
ロフトもハシゴを上がる感じや、天井が近い感じにちょっと少年心をくすぐられます。(実際は面倒なだけですが笑)
例えるとするならば「大泉 稲荷町店」にどことなく似ているかなーという感じ。

外観・入り口紹介

綾瀬駅 西改札からすぐです!
駅のホームからも看板が見えますよ。

なかなか特徴的な色と窓ですね。
名前の「銀河」の由来が不明ですが、ちょっと宇宙船っぽい窓?もしくは隕石や惑星をモチーフにしたのかな?ってちょっと思います。
あと、看板が黒いってのが宇宙をイメージしてるのかもしれません。

路上の看板にもホームページ限定の価格がばっちり載っています。全然ホームページ限定じゃないじゃん。(笑)
平日はクイック入泉(900円)ってのもあるようです。

それでは…お決まりの一言。
「いざ、入館!」

入った瞬間に受付が斜め前にあります。
まずは下駄箱に靴をいれて施錠しましょう。

そのまま下駄箱の鍵を持ってフロントへ。
コースを聞かれるので前もって考えておきましょう!

ロッカー&ゲームコーナー紹介(2F)

フロントでロッカーキーを受け取ると、フロント右横にある通路から階段を使って2階のロッカーへ行きます。

階段上がりきるともう場末感がすごいですね。(笑)
ロッカー・ゲームコーナー・洗面化粧室・大浴場が2階フロアにあります。

ロッカーの奥に見える窓は外観で見ていたあの丸窓ですね! 外から見たらきれいなおしゃれ窓でも、中はこんな風になっているなんて…。

昔は開閉することができたんでしょうか?それともハメ込みかな。
1か所だけ窓の外観が四角くなっていたところは開けることができそうですが、「ガラス破損中」…?なんか隙間風がすごそう。(笑)

ロッカーを開けると、中にはバスタオルとフェイスタオルのみしか入っていません。

館内着は?入れ忘れ?あわわ!ってなりそうですが、館内着は風呂場の近く(脱衣所)に積まれているので焦ることなかれ。

そして2階にはゲームコーナーもあります。
コーナーの中に定番となりつつある爪切り台がありました。これ老舗のサウナにはどこにでもあるんですね。
血圧計もありましたが、ゲームコーナーで血圧測ったらなんか高めになりそう。(笑)

まだ下に続きます

【超超イケメン】柔道家がたっぷりと発射!(1,500円程度)
信じられないぐらい超超イケメンです。
下もぶっといアソコをお持ちです。
たまたまもゴロンとおっきくて男性ホルモンを感じます。
それもゆさゆささせながらシコシコ。
彼は飛ぶというより、放出が正しいですね。
たっぷりと何度もセクシーな吐息と共にドクドクと放出。確かな感じのする発射です。
※リダイレクトのためページが表示されるまで数秒お待ちください

脱衣所&洗面化粧室紹介(2F)

引き続き2階。脱衣所に行ってみましょー。

脱衣所に行く途中に洗面化粧室があります。
脱衣所はなかなかコンパクトですが、人がいないのでこれでも十分です。
なんか…ニトリかどこかの本棚を転用しているような気がするのは気のせい?(笑)

ここの冷水機はコップで飲むタイプですね。
これ、お店によってはお客さんが多いのにコップが数個しかないところもあり、一瞬、使い回しが頭をよぎりますが、ここはあまり利用者がいないにも関わらずコップが大量にあるのできっと大丈夫!(笑)

大浴場もガラガラなのでコップを持ってお風呂に行きたくなる衝動にかられます。(笑)

お風呂紹介(2F)

次は、お風呂の紹介です。
ここの浴場の設備は非常にシンプルです。

  • お湯のお風呂×1
  • 水風呂×1 (膝上あたりまで浸かる)
  • シャワー×7台(L字型に配置)
  • サウナ×1(高温・テレビ付)

水風呂はそこそこ深く、膝上あたりまでつかります。(あれ、普通だっけ?)
しかも水風呂の中ほどに大理石風の謎の花瓶置き台みたいなものがあります。これがちょうど良い高さでそこに座れちゃうので、座ってみると足だけ水につけられて気持ちいいです。

サウナはというと、高温でかなり暑いです。入るとなんとなく石油?の臭い
広めの部屋座る個所は片側は2段、もう片側は1段になっていて対面で向かい合って座れるので、 対面に座って相手の股間をチラ見(ガン見?)したり、扱いて相手にアピールしたりというアプローチが可能。
窓が小さく外から中をはっきりとは認識できないので、この中でフェ〇するために待っている強者もいるらしいのですが、ゆったり待てるような設定温度でもないです。ここで待ち子してたら熱中症になっちゃうよ。

最後に、お風呂場の注意事項(?)なんですが、 洗い場の床の傾斜が弱いのか、排水溝の数と位置が悪いのか、すすいだ水や歯ブラシ等の汚水が全部内側(L字型の直角の部分)に流れていく仕様になっています。
使うシャワーの場所によっては外側のシャワーの水が足元に流れてきたり、流れきれずに歩くところで水が留まっていたりするので、なるべく外側のシャワーを使うことをお勧めします!
他人の歯磨きの後のうがいした水を踏んずけて上がりたくないでしょ!(笑)

まだ下に続きます

体育会系銭湯盗撮VOL3(1,300円程度)
イケメン多数を厳選、着替えから洗いへと移行します。
※リダイレクトのためページが表示されるまで数秒お待ちください

ロフト付き休憩室 兼 食堂紹介(3F)

いよいよ、ここの施設の醍醐味であるロフト付き休憩室の紹介です。
看板にはダイニングルーム・リラックスサロン・マッサージルームって書いてありますね。
ダイニングっていう響きは結構合ってるかも。

写真の奥に見える半個室で、よくオジサン集団が酒を飲んでワイワイガヤガヤやっています。居酒屋っぽいです。

そう、ここの食堂メニューは充実しています!
リクライニングに座って食べることができますテレビが有料なのは残念ですねー。

管理人としてはロフトの下のスペースも人目が気にならないので落ち着けてなかなか好きですよ。そこでも飲食可ですし、店員さんを呼ぶ「ピンポーン(ファミレスのやつ)」もあるので声を張り上げなくても大丈夫です。(笑)

そしてチャンネル表下の、リモコンの注意書きがなんとも。。。
少年のイタズラ心を取り戻したか?(笑)

あとは、この食堂の隅っこの半個室にマッサージ室が併設されています!

いよいよロフトの紹介!!

ロフトへはハシゴを使います。
このハシゴ、ベルトでくくりつけられています。なんという豪快さ!

ロフトにはそんなに多くの布団があるわけではありませんが、アプローチするには多すぎず少なすぎずといったところでしょうか?
確かにわざわざこのハシゴを登って、ここで休憩するのはそういう目的の人が多いのかもしれないですね。(偏見)

あと登ってきた下はダイニング(食堂)ですので、店員さんがお皿やジョッキを持って行き来しています。(お客さんはあんまり行き来してない笑)
ロフトのちょうど反対側が厨房で、厨房からも見えやすい角度なので、なんとなく見張られてる感がありますね。

深夜~早朝にかけては行き来も少なくなるので、ロフトはそこが良い時間かもしれません。

ただしあくまでもノンケのサウナ・仮眠室です。
周りに迷惑のかかる行為やお店が警戒するような派手な行為は厳に慎んで、みんなで楽しくノンケのサウナ・仮眠室ライフを満喫してください!

入館から退館までの流れ

  1. 下駄箱に靴を入れて施錠
  2. 受付で下駄箱の鍵を渡して予約名を伝えるかコース選択
  3. 料金を支払いロッカーキーを受け取って2階へ
  4. お風呂へGO!サウナも堪能!
  5. ロフト堪能!ご飯食べるのも良し。
  6. 退館時はロッカーキーのみで受付可。 追加金がなければ下駄箱の鍵を受け取って退館 。
[根雪堂] の【粘膜地獄-亀頭編-】

サウナホテルニュー大泉 稲荷町店②

※この記事は『サウナホテルニュー大泉 稲荷町店』の関連記事です。

大泉グループで「okbの姉妹店である、「INR」の紹介です!!
INRは現状あまり盛り上がっていませんが、上野のサウナが続々と営業を止める中、期待の星です。(笑)
本記事では仮眠室を中心にご紹介。

洗面化粧室&マッサージ室紹介(2F)

記事が別になってしまいましたが、お風呂と同じ階に洗面化粧室マッサージ室があります。
まずは洗面化粧室へ!

楕円形の鏡に、黄色の洗面台。安定のレトロ感です。
アメニティはこんな感じ↓

この店にも爪切り台が設置されております!!
結構いろんなところにあるんですね…。

ボディケアルーム(マッサージ室)洗面化粧室の横にあります。
こういう店でマッサージを受けたことありませんが、どうなんでしょう。
個人的にはアカスリの方が気になるかな。(笑)

まだ下に続きます

レストルーム&食堂紹介(3F)

施設内の案内板に「レストルーム」「休憩室」と書かれているのは、リクライニングチェアが設置してある部屋です。
禁煙喫煙2部屋となっていますが、喫煙の方は食堂の隅っこで数が少ないです。
食堂があったら朝起きたときにモーニング食べたくなっちゃいますよねー。

禁煙のレストルームは漫画が置いてありますね。
オカピーなんかはチェアのテレビが終始つけっぱなしになって寝落ちしていますが、ここでは見ている人はあまりいませんでした。(そもそも人があまりいませんが…)


次は食堂&喫煙部屋
まずは食堂に行ってみましょー。

テーブル席座敷と両方あります。まあやはり部屋全体に年季が入ってやや清潔感に欠けますが、洋食モーニングおいしそうです。

そして食堂の端っこに喫煙のリクライニングチェアがあります。
食堂営業時間は日曜のみ他曜日より早く23時でクローズするみたいです。

「性生活に役立つかもしれないグッズ」
も紹介中!(本サイト内)

4階仮眠室紹介(4F)

※10月頃から仮眠ベッドが1つおきに撤去され、隣との距離が遠くなったとの情報をいただきました。
 そのため実態が写真とは異なる可能性があります。

いよいよやってきました、仮眠室です!!
この施設は監視カメラがちゃんと作動しており(1階のフロントで見れます)、最近は下火傾向にあります。
そのため最近はミストサウナでの書き込みにシフトしつつあるようですが、もともとINRは仮眠室での行為から始まったわけで、ここからいよいよこの店の核心に迫ります。(笑)

4階と5階はエレベーターの真横にトイレがあります。
2~3階のトイレは第2階段のところにあったんですが、そちら側がカプセルフロアなのでカプセル利用者でないと利用できないため、後付けしたものと思われます。
見取り図の建物の輪郭がイビツなので、やっぱ2つの建物をくっつけたっぽいですね。

カプセルフロアは物理的には誰でも普通に入れちゃいますが、日本の平和なモラルを維持しましょう!

では、いざ、4階仮眠室へ!

大変レトロな扉が目を引きます。場末感が満載で、もう無法地帯なんじゃないかと思わせますね。(違うか)

しかもこの扉の手前に少し空間があるんですが、なんとそこを喫煙所にしているという。ちょっと怖いというかガラが悪そうな雰囲気。(笑)

中に入ってみると、一応、ベッド番号の案内板がぶら下がっています。

別に自分のベッド番号を割り当てられているわけではなく、自由席なので特にこの看板の役割はないんですけどね…。
昔は受付で割り当てていたのかも。

4階仮眠室の状況整理として、写真だと分かりづらいかもしれませんが、仮眠室への入り口は仮眠室の中央に位置し、入って左半分右半分に分かれます。どうやら見取り図で「リネン」と記載されている場所もベッドとして使用している模様。

左側の隅っこにある1台だけのベッド(401・402)はぐっすり寝たい人向けでしょうね。
横がないので責めるのもシチュエーション的に厳しいかな。

監視カメラはこの単独ベッドの近くにあります。(写真に写しています)
恐らく、監視カメラはそこから反対側(入って右側・419~438番側)を映している模様
そう考えるとレンズの真横にあたる柱側(403~412)はスポットになりそうです。

そして419~438側には2段ベッドではなく、1段ベッドもあります
1段ベッドの番号が「229」とか…2階で使ってたのを持ってきたんですね…。
こういうサウナあるあるですね。(笑)
1段ベッドは寝る人にとっては解放感がありますが、これは周りからも丸見えなので手を出しづらいかも。
逆に朝起ちを見るには影にならなくてバッチリかもしれません。だいたい毛布かけてたり、うつ伏せだったりするんですけどね…。

4階のハッテンスポットですが、なんとなく感覚的には監視カメラで映ってしまう右側の425~438番辺りに集まりがちな気がします。
人間の心理的に、部屋に入るとそっちの方(右側)に行きやすい空間づくりになってるんですよねー。
恐らくベッド数が多いのが原因かと。
ぜひ左側の403~412もトライしてみてください!

※当記事の監視カメラの向きが正しいと仮定した場合です。必ずご自身で確認してください。

※10月頃から仮眠ベッドが1つおきに撤去され、隣との距離が遠くなったとの情報をいただきました。
 そのため実態が写真とは異なる可能性があります。

まだ下に続きます

ノンケ若マラの秘密ーネカフェでオ●ニー、トイレでオ●ニー(850円程度)
ネカフェで若いイケメンのリーマンが漫画を読みながらおもむろに股間へ手をやりまさぐりだします。
動画を見ながらオ●ニー開始、上からのアングルと下からのアングルで撮影しています。
トイレの個室でシコシコしているノンケたちも
途中、銭湯着替えも入っています。
※リダイレクトのためページが表示されるまで数秒お待ちください

5階仮眠室紹介(5F)

※10月頃から仮眠ベッドが1つおきに撤去され、隣との距離が遠くなったとの情報をいただきました。
 そのため実態が写真とは異なる可能性があります。

5階仮眠室は空調を入れない主義のようで、結構暑くても・寒くても「5階は冷房・暖房を切っております」と受付で案内されます。
電車でいう「弱冷房車」みたいな、自然な空調が好きな人をターゲットにしてるんでしょうか?
まあ普通に考えれば電気代の節約のためだと思いますけどね。(笑)

では、いざ5階仮眠室へ!

扉が今度は緑っぽいですね。これは非常口マークの灯りのせいでしょうか。(笑)
扉の横にある空間は4階と違って喫煙所にはなっていませんでした。うーん、ここはゴキブリが出そうかな。
仮眠室へ入ると、またしてもベッド番号の案内板がぶら下がっています。

5階仮眠室の状況整理ですが、5階は入って右側にしかベッドがありません。左側はリネン置き場のようです。

空調が効いていないことが多いので、5階は人があまりいません。逆に人がいないので気が散らずに良いんですが、5階は監視カメラで部屋全体が全映りなような気がします。
2段ベッドは下段が影になったり、仕切りで死角になったりして映りづらいもんなんでしょうか?
ということをいろいろ考えなくていい、スチームサウナの方に流れがちなんでしょうね。

マナーは守って楽しいノンケのサウナ・仮眠室ライフを!

サウナ・仮眠室ライフを刺激する
アンケート」も実施中(本サイト内)

[ひげ大福] の【寝待ち男子寮】